NFC タグとは何かを学ぶための初心者向けガイド

NFC タグは、電子デバイス間でデータを保存および交換するために使用できる小型のワイヤレス デバイスです。 NFC タグは、連絡先情報、Web サイトのリンク、さらには小さな情報などを保存するためによく使用されます。 bitテキストの。

NFC タグは、スマートフォンやタブレットなど、NFC リーダーを備えたあらゆるデバイスで読み取ることができます。 非接触型決済、発券、情報共有など、さまざまな用途で使用されています。

NFC タグには、次のようないくつかのフォーム ファクタがあります。 キーフォブ, ステッカー, カード. この記事では、名刺やポスターなどの一般的な日用品に組み込まれている NFC タグに焦点を当てます。

NFCとは

フィールド通信近く (NFC) は、デバイスが近距離でデータを交換できるようにするワイヤレス通信技術です。 NFC は Bluetooth に似ています デバイス間の通信に電波を使用するという点で。 ただし、NFC は Bluetooth よりも範囲が短く、ペアリングは必要ありません。

この技術は、RFID (Radio Frequency Identification) のサブセットであり、RFID は、NFC やその他の種類のワイヤレス通信を含むより広いカテゴリです。 それは使用しています 13.56 MHz デバイス間で通信するための電波 (RFID の HF ブランチ)。

さらに、このテクノロジは、国際標準化機構 (ISO) や欧州電気通信標準化機構 (ETSI) などの国際標準化団体によって厳しく規制されています。 このように、NFC は、非接触型決済や発券など、さまざまなアプリケーションで安全に使用できます。

NFCはどのように機能しますか?

NFC タグには、少量のデータを保存できるメモリを備えた小さなマイクロチップが含まれています。 これらのタグは、NFC リーダーによって生成された電磁場によって電力を供給されます。

スマートフォンなどの NFC 対応デバイスを NFC タグに近づけると、XNUMX つのデバイスがデータを交換できます。 NFC リーダーは、電源を入れるタグに信号を送信します。 タグは、保存されているデータをリーダーに送信することで応答します。

通常、データ交換は非常に高速で、数ミリ秒しかかかりません。 また、NFCタグは電池を必要としないため、交換することなく何年もデータを保持できます。

NFC タグ コンポーネント

NFC タグには、次の XNUMX つの主要コンポーネントが含まれています。

  • NFC マイクロチップ。 これは、データが保存されるタグの頭脳です。 タグの中央に配置され、損傷から保護します。
  • NFC アンテナ。 これにより、タグが NFC リーダーと通信できるようになります。 アンテナは通常、銅またはアルミニウムでできており、タグの端に配置されています。 データを運ぶ電波を送受信します。
  • 基質。 マイクロチップやアンテナを搭載する素材です。 紙、プラスチック、または金属で作ることができます。 基板は、タグのフォームファクタを決定します。 たとえば、ステッカー タグにはフレキシブル基板が使用され、カード タグにはリジッド基板が使用されます。

XNUMX つの構成要素が連携して、NFC タグがデータを保存および交換できるようにします。 XNUMX つのコンポーネントのいずれかが損傷すると、タグは機能しなくなります。

NFCタグの種類

NFC フォーラムは、保存できるデータの量とそのデータへのアクセス方法に応じて、タグを XNUMX つのタイプに分類しています。

  • タイプ1。 これは、最も一般的なタイプの NFC タグです。 通常、容量は 96 です。 bytes であり、任意の NFC 対応デバイスで読み書きできます。 タイプ 1 タグは、URL の保存や連絡先情報の共有などの単純なアプリケーションによく使用されます。
  • タイプ2。 このタイプの NFC タグの容量は 48 個です。 bytesまたは144 byte読み取り/書き込みまたは読み取り専用にすることができます。 それらは ISO 14443A 規格によって規制されており、衝突防止機能を備えています。
  • タイプ3。 このタイプの NFC タグの容量は 212/424 です bytes であり、任意の NFC 対応デバイスで読み書きできます。 タイプ 3 タグは、デジタル名刺の保存や写真の共有など、より多くのデータを必要とするより複雑なアプリケーションによく使用されます。
  • タイプ4。 このタイプの NFC タグの容量は 4 ~ 32 KB で、NFC 対応デバイスで読み書きできます。 彼らは最大424kの伝送速度を持っていますbits/s に対応しているため、ペースの速い倉庫での在庫管理など、高速なデータ転送が必要なアプリケーションに最適です。
  • タイプ5。 このタイプの NFC タグには、最大 2528 の容量があります。 byte秒。 そのストレージは再書き込み可能で読み取り専用で、衝突防止機能を備えています。 タイプ 5 タグは、ISO 15693 規格に基づいています。
  • タイプ6。 このタイプの NFC タグの容量は最大 4K ですbyte メモリであり、NFC 対応デバイスによってのみ読み取ることができます。 ISO 14443A 規格に基づいており、衝突防止機能を備えています。

各タイプの NFC タグには、利点と欠点があります。 たとえば、タイプ 1 タグは最も一般的で低コストですが、容量は最小です。 タイプ 6 タグは最大の容量を持ちますが、高価でもあります。

NFC タグを選択するときは、保存するデータの種類と必要な容量を考慮することが重要です。 URL または連絡先情報のみを保存する必要がある場合は、タイプ 1 またはタイプ 2 タグで十分です。

方法 NFC タグを使用する?

NFC タグが機能するには、包括的な NFC システムが必要です。 タグの他に、NFC リーダーまたは NFC 対応デバイスが必要です。 NFC タグには、FC カード、BFC リストバンド、FC キーフォブなど、さまざまな形式があります。

NFC リーダーは、NFC タグにデータを読み書きできるデバイスです。 ハンドヘルド、固定、デスクトップ、車載など、さまざまなフォーム ファクターがあります。

NFC リーダーの一般的な例は次のとおりです。

  • NFC対応スマートフォン
  • NFC POS端末
  • NFCドアアクセス制御システム
  • NFC発券機
  • NFCゲートリーダー

このテクノロジーをどのように使用するかは、ニーズによって異なります。 たとえば、あるビジネスでは、在庫と販売を追跡するために POS 端末が必要です。 NFC ドア アクセス制御システムでは、特定の領域へのアクセスを許可または拒否するために NFC リーダーが必要です。

さらに、NFC タグをスマートフォンに埋め込んで、支払いを行ったり、ポイントカードを保存したり、連絡先情報を共有したりすることもできます。 たとえば、Android Pay と Apple Pay は NFC タグを使用して非接触型決済を行います。

NFC タグのプログラミング

An NFCタグはプログラム可能d には、URL、連絡先情報、簡単なテキスト メッセージなど、さまざまな種類のデータを保存します。 データは NDEF (NFCデータ交換フォーマット) 記録。

NFC タグをプログラムするには、NFC リーダーと適切なソフトウェアが必要です。 NFC タグをプログラムする手順は、タグのタイプと使用している NFC システムによって異なります。

一般に、NFC リーダーを構成してから、データをタグに書き込む必要があります。 このプロセスは、ファイルを USB ドライブに書き込むのと似ています。

タグがプログラムされると、NFC 対応デバイスで読み取ることができます。 たとえば、連絡先情報で NFC タグをプログラムした場合、別の NFC 対応電話がそのタグを読み取り、連絡先の詳細をアドレス帳に追加できます。

NFC タグのフォーム ファクタ

NFC タグには、さまざまなニーズに合わせてさまざまなフォーム ファクターがあります。 最も一般的なフォーム ファクターは次のとおりです。

  • NFC キーフォブ。 キーフォブは、キーチェーンに取り付けることができる小さな NFC タグです。 これらは、ドア アクセス制御などのセキュリティ アプリケーションによく使用されます。
  • NFCステッカー. ステッカーは柔軟性があり、ほぼすべての表面に貼り付けることができます。 製品のブランディングやマーケティングなどのアプリケーションで人気があります。
  • NFC カード。 NFC カードは、サイズと形状がクレジット カードに似ています。 それらは耐久性があり、支払い、発券、アクセス制御などのさまざまなアプリケーションで使用できます。 また、従業員IDカードとしても一般的に使用されています。
  • NFC リストバンド/ブレスレット。 リストバンドやブレスレットは着け心地が良く、スポーツやイベントでよく使われます。 また、イベント管理やアクセス制御などのセキュリティにも使用できます。

これらは、最も一般的なフォーム ファクターのほんの一部です。 NFC タグは、ボタン、コイン、ペンなど、他のフォーム ファクターでも利用できます。

NFC タグを選択するときは、それを使用するアプリケーションを考慮することが重要です。 たとえば、ドア アクセス制御システムには、極端な温度や天候などの過酷な条件に耐えられる堅牢なタグが必要です。

NFC タグを使用する利点

NFC タグを使用することには多くの利点があります。 最も一般的な利点のいくつかは次のとおりです。

  • コンビニ。 NFC タグは、データの保存と共有に便利な方法を提供します。 たとえば、ビジネス Web サイトへの URL を使用して NFC タグをプログラムできます。 顧客が NFC 対応の携帯電話をタグにタップすると、自動的に Web サイトに誘導されます。
  • セキュリティ。 NFC ドア アクセス コントロール システムを使用すると、セキュリティの向上に役立ちます。 NFC タグは、特定の領域へのアクセスを許可または拒否するために使用できる一意の ID でプログラムできます。
  • 適合。 NFC タグは、すべての NFC 対応デバイスと互換性があります。 これは、オペレーティング システムに関係なく、あらゆる種類のスマートフォンで NFC タグを使用できることを意味します。
  • 柔軟性。 NFC タグは、さまざまなフォーム ファクターで利用できます。 これは、ドア アクセス制御、在庫管理、発券など、複数のアプリケーションに使用できることを意味します。

全体として、NFC タグは、いくつかのアプリケーションに便利で用途の広いソリューションを提供します。 比類のない互換性と柔軟性を提供し、お客様のニーズに最適なテクノロジーとなります。

関連記事

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x