RFIDテクノロジーは衣服産業をどのように変えますか?

バーコード技術を使用して、15000着の洋服を在庫している店舗の在庫を取得するには、86%という最高の精度で完了するのに100人でXNUMX時間かかる必要があります。 RFIDを使用すると、XNUMX時間にXNUMX人で行うことができ、さらに重要なことに、精度はXNUMX%に近くなります。 どちらを選びますか? たぶん誰もがRFID技術を喜んで選ぶでしょう。 今日では、ザラ、ユニクロ、ハイランドハウス、プラダ、ディカルロなど、ますます多くの衣料品ブランドや大型衣料品スーパーマーケットがRFIDテクノロジーを使用してインテリジェントな衣料品管理を実現しています。 今日は、RFIDが衣料産業をどのように変えたかを見てみましょう。

RFIDタグへのバーコードの移行

現在、ほとんどのアパレル企業は、製造、倉庫、保管、販売を含むプロセス全体のデータ収集にバーコードを使用しています。 しかし、縫製企業の事業規模の拡大に伴い、在庫管理が難しくなっています。

衣料品倉庫は、ほとんどが小バッチおよびマルチバッチの分布です。 ただし、バーコードに基づいて商品をXNUMXつずつスキャンする方法では、ピーク時の受信および発送操作の効率要件を満たすことができず、商品の不一致が頻繁に発生します。 RFIDタグは問題を解決できます。これには、大量の書き込み情報、変更可能な情報、長寿命、高セキュリティなどの利点があります。

RFID衣類タグの一般的なタイプ

コート紙 RFIDステッカー

RFIDステッカーは、服の管理で使用される最も一般的なRFIDタグです。 それらは、既存の吊り下げタグモードを変更せずに、衣類タグに直接取り付けることができ、衣料品サプライチェーンの在庫の可視性を実現し、商品の不足を減らし、簡単なスケジューリングを実現します。 要件に応じて選択できるサイズ、クラフト、チップは多数あります。

RFID織衣ラベル

RFIDケアラベルと呼ぶこともできます。 衣服の内側に縫い付けて、工場生産工程で仕上げることができます。 それは、防水性と紛失しにくいこと、優れた偽造防止機能、そして最高のチャネリング防止機能を備えています。 顧客の要件、新製品、および高級ブランドの服に合わせて、さまざまなラベルスタイルをカスタマイズできます。

服RFIDハングタグ

衣料品RFIDハングタグは、RFIDチップを衣料品タグに直接埋め込むことで、チップとタグの統合を実現し、より統合され、より美しくなります。 衣料品ブランドのニーズに合わせてカスタマイズできます。 コストは比較的高く、新しいまたはハイエンドの衣料品だけでなく、審美性の高い衣料品ブランドにも適しています。

RFIDアパレルハードタグ

RFID衣類のハードタグは、UHF + EASデュアル周波数タグです。 RFIDテクノロジーと電子盗難防止テクノロジーをハードラベルのXNUMXつに統合し、主に衣料品店で盗難を防止して損失を減らします。 このタグは通常、耐久性があり再利用可能なABSプラスチックシェルでできています。 したがって、衣類の小売り後にリサイクルして再利用できます。

RFID PPSランドリータグ

耐熱性に優れた一般的なRFID洗濯タグです。 工業用ランドリー、リネンのレンタル業界で広く使用されている、防水性、耐圧性、耐アルカリ性など、他にも多くの機能があります。 このタグは、洗濯プロセスの過酷な環境に耐えることができ、衣服の自動追跡と衣服のインテリジェントな仕分けに最適なソリューションを提供します。

RFIDの衣料産業への応用

数十年の開発後、RFIDは、衣料品の生産、倉庫保管、物流および輸送、流通、店舗販売管理などを含む衣料品業界で広く使用されています。管理、管理コストの削減、およびコア競争力の強化。

1 \衣料品の生産

生産管理

I製造工程では、商品番号、色番号、仕様、執行基準、裏地、布地などの一連の必要な情報がRFIDタグに書き込まれます。 また、ラベルは吊り下げタグの形で既製の衣服にバインドされており、衣服の各部分に一意のIDがあることを確認します。これは、衣料品の生産管理の制御とスケジューリングに使用して、衣料品の生産管理の効率を向上させることができます。

偽造防止服

多くの大手衣料品ブランドは、偽造防止、ブランド構築の強化、および消費者のエクスペリエンス向上のためにRFIDテクノロジーを使用しています。 衣料品の製造の過程で、関連する偽造防止情報がNFCの衣料品タグに書き込まれ、衣服に掛けられます。 したがって、消費者はNFCフォンを使用してスキャンし、服が本物であることを確認できます。

スマートな服を作る

RFID技術が普通の衣服をスマートなものに変えることができるのは現実になりました。 世界中の多くの衣料品ブランドがスマートな衣服を作り、 NFCタグ ボタンまたは袖口にいくつかのインタラクティブ機能を実現します。 このように、それは衣服に科学と技術の感覚を与え、衣服のセールスポイントを増やし、個性と技術を追求するより多くの消費者を引き付けます。

2 \衣料品倉庫アプリケーション

インバウンドおよびアウトバウンドのデータ収集

工場からの衣料品の生産が保管の手続きを通過するとき、RFIDチャネルマシンまたはRFIDリーダーを使用して、衣料品の数量、モデル、およびその他の情報を収集および入力できます。これにより、チェックインおよびチェックアウトをすばやく完了できます。倉庫。 RFIDテクノロジーをコアとして、機械設計、さまざまなセンサー、電磁シールド、自動制御、およびその他のテクノロジーと組み合わせることで、単一のバッチ読み取り機能も実現できます。

倉庫自動仕分け

RFID自動仕分けシステム。つまり、RFIDテクノロジーを使用して衣類の自動仕分けを実現します。コンベヤーベルト上の衣類は、要件に従って仕分けして梱包することができます。 RFID技術は、商品を継続的かつ大量に選別することができ、選別エラー率が低く、選別作業が機械化されています。

倉庫在庫

メーカーも衣料品店も、倉庫の在庫にRFIDリーダーを使用できます。 顧客は自動的に分析できます RFID衣服タグ 在庫とタイムリーな補充のバランスを確実にするために、実際の数量、色、モデルを含む衣服のデータを知るために読者が読んでください。 これにより、衣料品店での衣料品の種類の不足やコードの破損を回避し、顧客のニーズを確実にすることができます。

3 \物流管理

衣料品物流におけるRFIDテクノロジーの利点は、物流管理の効率、物流コスト、配送管理などに反映されます。RFIDテクノロジーは、衣料品の物流オペレーションを標準化し、オペレーションフローと時間を短縮し、人件費を削減してオペレーションコストを削減し、増加させます。物流リンクのスループット、および物流管理の効率を向上させます。

さらに、RFIDは配送エラー率を最小限に抑えることができます。 配送エラーは、主に元のケースの不足と梱包箱のエラーを指します。これらXNUMXつの大きな問題は、RFIDテクノロジーを使用することで最小限に抑えることができます。

4 \衣料品店の管理

知恵屋

インテリジェント衣料品店システムはRFIDテクノロジーに基づいており、RFID機器を通じてインテリジェント衣料品管理を実現します。 衣料品業界のRFIDシステムは、各店舗に効率的な技術的手段を提供し、店舗管理の効率を改善し、衣服管理のプロセスを簡素化し、店舗管理者の労働集約度を低減し、より速いショッピングプロセスを消費者に提供します。

領収書

商品を受け取った後、衣料品店は箱を開けて、バーコードをXNUMXつずつスキャンして受け取りを確認する必要はありません。 RFIDハンドヘルドインテリジェント端末の周辺をスキャンすることで、商品の数をすぐにバッチで取得し、注文とのマッチングを迅速かつ正確に自動的に完了することができます。 その間、データはバックグラウンドに送り返されて処理されます。 バックグラウンドの店舗管理システムは、店舗の在庫数を自動的に変更して、注文実行の正確性と効率を向上させ、商品の正確な在庫を確保します。

店舗在庫

在庫を取得するとき、RFIDハンドヘルド端末を使用して、ラベルの対応する衣服情報を自動的にスキャンして読み取り、データをカウントしてストアバックグラウンド管理システムにアップロードし、在庫情報を適時に更新します。

商品を探すときは、RFIDハンドヘルド端末を利用して、指定された衣服情報をロックし、一定の距離内でビープ音のヒントを押すことで、探している衣服の位置を素早く確認できます。

インテリジェントキャッシャー

超高周波キャッシャーリーダーと組み合わせると、消費者は選択したアイテムをキャッシャーの読み取り/書き込みプラットフォームに置くだけで済みます。 衣服のRFID情報が自動的に読み取られ、迅速に生成されて決済が完了します。 キューイング時間を短縮するために、確認のためにタグ/バーコードスキャンをXNUMXつずつ見つける必要はありません。

インテリジェントフィッティング

顧客が衣服を手に取り、試着室に入ると、RFIDタグ付きの衣服が関連するインテリジェントな試着画面を感知して起動し、対応する衣服情報と店内の一致する推奨事項を表示します。

同時に、消費者の行動を記録し、データをスマート衣料品店管理システムのバックグラウンドに送信します。 販売データと組み合わせると、店舗の稼働状況を分析して、どのスタイルがより人気があり、どのスタイルがより多く試され、より少なく売れたかを知ることができます。

盗難防止服

UHF + EASタグを衣料品に添付し、タグ付けされた衣料品が店を出ると、RFIDアクセスデバイスが動作を検出してビープ音を鳴らします。 UHF + EASを使用すると、店舗での商品の盗難の問題を解決できます。

VIP顧客管理

顧客が RFID会員カード お店に到着すると、ウェルカムワードを大画面で表示でき、買い物ガイドが会員情報や買い物を知ってくれますbit■インテリジェント端末による。 魔法の鏡や試着室の情報と合わせて、お客様の購入状況を分析することもできます。bits、購入希望、およびその他の情報。顧客により良いサービスを提供します。

結論

衣料品業界は高度に統合された業界であり、デザインの研究開発を行い、衣料品を再び生産して販売をXNUMXつのものとして輸送します。 従来の衣料品サプライチェーンは、これらのプロセスで莫大な労働リソースと資本コストを消費する傾向がありますが、一般に非効率になります。 したがって、RFIDテクノロジーを衣服管理に使用することは、衣服管理を改善し、それをインテリジェントで情報化するための鍵です。

関連記事

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x