を検索
この検索ボックスを閉じます。

RFIDアニマルタグと従来のアニマルタグ:比較

汎用セレクタ
完全一致のみ
タイトルで検索
コンテンツを検索
ポストタイプセレクター

フォローする

何年もの間、畜産業界の専門家は、従来の動物タグと RFID 動物タグのメリットについて議論してきました。 このブログ投稿では、両方の形式のタグ付けを構成する主要な要素について説明し、どちらが家畜管理プログラムに最適かを判断するのに役立ちます.

RFIDアニマルタグと従来のアニマルタグ

伝統的な動物タグ

伝統的な動物タグは、金属またはプラスチックとしても知られています 耳標. それらは動物の耳やその他の識別部分に取り付けられ、動物の品種、年齢、性別、所有者情報などの情報が含まれています。 これらのタグは通常、識別目的で使用され、デジタル データは保存されません。 特別なタグ付けツールを使用して、すばやく簡単に適用できます。 ただし、これらのタグは捕食者によって紛失または削除される可能性があり、適切な識別のために手動でスキャンする必要があります。

RFIDアニマルタグ

RFID (Radio-Frequency Identification) 動物タグは、動物の身元、健康記録、遺伝学、生産履歴などに関するデジタル データを含む小さなチップです。 これらのチップは通常、動物の耳に挿入されますが、使用するチップの種類に応じて、インプラントに配置したり、経口摂取したりすることもできます。

RFID 技術により、個々のタグを手動でスキャンすることなく、一度に複数の動物をすばやく正確にスキャンできます。 これにより、動物の大群を比較的短時間で簡単に監視できます。 さらに、RFID 技術は、従来の動物タグよりもはるかに多くのデータを保存できるため、数百または数千の動物を追跡する必要がある大規模な操作に最適です。

結論:

従来のアニマル タグと RFID アニマル タグのどちらを選択するかについては、どのような種類の家畜管理プログラムを実装する必要があるかによって、どちらのタイプにも長所と短所があるため、正しい答えも間違った答えもありません。 従来の動物タグはシンプルで使いやすいのに対し、RFID 動物タグはストレージ容量を強化し、複数の動物を扱う大規模な操作のスキャン時間を短縮します。

最終的には、動物を追跡する際の特定のニーズを理解して、状況に最適なタグのタイプを十分な情報に基づいて決定できるようにする必要があります。 システム インテグレーター、購買担当者、および企業幹部は、組織のニーズに最適なソリューションを決定する前に、両方のオプションを検討する必要があります。

関連記事

登録する
リマインド
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x

無料見積もりを取得する