近接カード:アクセス制御のための費用対効果の高いソリューション

近接カードは、私たちがいつも使用するものです。たとえば、建物やオフィスに入るためにドアを開けるために使用します。 アクセス制御のための費用対効果の高いソリューションです。 ただし、近接カードとは何ですか? 近接カードはどのように機能しますか? 一般的な近接カードは何ですか? この記事はそれを理解するように導きます。

近接カードとは何ですか?

近接カードは、非機械的接触を通じてリーダーとデータを交換する非接触カードです。 RFID ICカードとRFID IDカードはどちらも近接カードです。 カード所有者は建物または特定のエリアに入ることができます。

近接カードは特別な電源を必要としません。 チップはカプセル化されているため、損傷しにくく、耐久性があり、防水性があります。 また、このカードには、使用時にプラス面とマイナス面がなく、使いやすく、操作が高速です。

近接カードは、一般的にアクセスカードとして使用されます。 たとえば、コミュニティのアクセス制御システムやオフィスのアクセス制御システムは、アクセスのセキュリティを制御するためによく使用されます。 また、セキュリティ、識別、発券、請求、その他のアプリケーションでも広く使用されています。

近接カードはどのように機能しますか?

近接カードには、それらを識別するようにプログラムされたカードリーダーによって読み取られる定義済みの番号が含まれています。 近接カードリーダーは、アクセス制御システムパネルに接続されています。 ワイヤーはエネルギーをリーダーに送信し、データをリーダーからパネルに送信します。

リーダーから放出される電磁場は「励起場」と呼ばれます。 近接カードがフィールドに入ると、カードはフィールドからいくらかのエネルギーを吸収します。 カードは磁気エネルギーを電気に変換し、カードの電子回路を「開く」ことができます。 その後、その番号がカードリーダーに送信されます。

カードリーダーは、カード番号をアクセス制御システムパネルに送信します。 次に、アクセス制御システムのパネルは、カード番号がデータベースで有効であるかどうか、および現時点でドアを開く権限があるかどうかを調べます。 カードが承認されると、コントロールパネルはドアロックに信号を送信して一定時間ロックを解除します。

一般的な近接カードとは何ですか?

近接カードは主にXNUMXつのカテゴリに分類されます。XNUMXつは非接触型ICカード、もうXNUMXつは非接触型IDカードです。

RFIDカードとしても知られている非接触ICカードは、PVC、PETカード、またはABS、エポキシキーフォブでカプセル化されたチップ、アンテナで構成されています。 RFIDカードにはさまざまな種類があり、それらについては別の記事で詳しく説明しました。 »カスタムスマートカードに関する最も完全なガイド

非接触型IDカードは、読み取り専用の非接触型カードです。 カード番号はチップに保存されており、一度だけ書き込むことができます。 カード封印後の変更はできません。 近接カードの最も一般的な形式を以下に示します。

最高の近接カードはどこにありますか?

近接カードについて言及するとき、私たちが最も考えるのはアクセス制御システムでのそのアプリケーションです。 これは、建物に入ることができる人を制御するための、費用対効果が高くインテリジェントな方法です。 しかし、高品質の近接カードはどこで入手できますか?

Xinyetong カード製造をXNUMX年以上専門としています。 私たちは継続的な革新を通じてより良い製品を生産することに専念しています。 製品の品質を確保するために厳しい品質基準を実行します。 そして、当社の製品は世界中に広がっています。

Xinyetong 近接カードには、さまざまなスタイル、さまざまなサイズ、さまざまなチップがあります。 したがって、どのような近接カードが必要かは、次の場所にあります。 Xinyetong。 近接カードまたはその他のRFID製品の詳細については、お気軽に 当社までご連絡ください。.

関連記事

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x