RFID識別を再検討する

すべての自動識別技術の中で、RFID(Radio Frequency Identification Technology)は最も重要な技術であり、21世紀で最も有望な情報技術のXNUMXつと見なされています。 どうして? 強力な自動識別技術であるRFIDをもう一度見てみましょう。RFIDにはどのような特徴がありますか? 他の自動識別技術と比べてどのような利点がありますか? その典型的な用途は何ですか?…

無線周波数識別技術の機能

無線周波数識別技術は、ターゲットオブジェクトを自動的に識別し、無線周波数信号を通じて関連データを取得します。 無線周波数識別技術には次の特徴があります。

適用範囲: RFIDテクノロジーは電磁波に依存しており、両面を物理的に接触させる必要がないため、視覚的なほこり、霧、プラスチック、紙、木、さまざまな障害物なしで接続を確立し、直接通信を行うことができます。

高効率: RFIDシステムの読み取りと書き込みの速度は非常に速く、一般的なRFID送信プロセスは通常100ミリ秒未満です。 高周波RFIDリーダーは、複数のタグの内容を同時に識別して読み取ることもできるため、情報伝送の効率が大幅に向上します。

一意性:RFIDタグ RFIDタグと製品がXNUMX対XNUMXで対応しているため、各製品のフォローアップの循環を明確に追跡できます。

シンプルさ: RFIDタグは、シンプルな構造、高い認識率、シンプルな読み取り装置という利点があります。 特にスマートフォンでのNFCテクノロジーの人気が徐々に高まっているため、各ユーザーの携帯電話は最も単純なRFIDリーダーになります。

RFID VSその他の自動識別技術

バーコード認識、磁気カード認識技術、ICカード認識技術と比較して、RFIDには多くの利点があります。そのため、RFIDは徐々に自動認識で最高かつ最も広く使用されている技術のXNUMXつになります。 RFIDの主な特徴は以下のXNUMXつです。

1、データの読み取りと書き込み: RFIDリーダーを使用すると、メッセージを非接触でデータベースに直接読み取ることができ、複数のタグを同時に処理できます。 また、処理後の状態をタグに書き込んで、次のデータ処理の判定を読み取ることができます。

2、小型化と多様化した形状: RFIDの読み取りは、サイズと形状によって制限されず、読み取り精度のために用紙の固定サイズと印刷品質を一致させる必要はありません。 また、RFIDタグを小型化し、さまざまな形で開発して、さまざまな製品で使用できます。

3、環境耐性: バーコードが汚れるとすぐには見えませんが、RFIDは水、油、薬物などの物質に対して強い耐性を持っています。 RFIDは、暗い環境や汚れた環境でもデータを読み取ることができます。

4、再利用可能: RFIDデータは電子的であり、繰り返し上書きできるため、リサイクルして再利用できます。 バッテリーなしで使用できるパッシブRFIDタグは、メンテナンスが不要です。

RFID識別の開発

高周波技術の歴史は、1930年代までさかのぼることができます。 RFID技術の物理的原理は、19世紀に発明されたラジオ放送と同じです。 1930年代、米国陸軍と海軍は地上、海上、空中の標的を特定する問題に直面しました。 米国海軍研究所(NRL)は、1937年に友好敵(IFF)の識別を開発しました。これは、友好的で敵の航空機を識別することができます。

この技術は、1950年代後半に世界の航空管制システムの基礎となった。 ただし、コストが高く、装置のサイズが大きいため、一般に軍事または実験室、および大規模な商業企業でのみ使用されます。

集積回路、プログラマブルメモリチップ、マイクロプロセッサ、最新のソフトウェアアプリケーション、プログラミング言語技術など、より小型で低コストの技術の登場により、無線周波数識別は商用アプリケーションの主流になりつつあります。

20世紀の終わりまでに、アクセス制御システム、飛行手荷物の識別、自動車の盗難防止、電子決済など、多くの無線周波数識別アプリケーションが世界中に広がり始めました。

21世紀には、RFIDテクノロジーの発展により、RFIDタグは長距離、XNUMX対多の読み取り、軽量化と小型化、信号の透過と汚れの耐性、再利用性、高いストレージ容量などの特徴を備えています。自動識別でますます注目を集めています。

RFID識別の典型的なアプリケーション

RFIDは高速移動物体を認識し、同時に複数のタグを識別することができ、その優れた侵入性能と相まって、人、動物、車、金属工具、さまざまな商品など、幅広い認識物体を備えています。 、およびさまざまな業界で使用されています。 次に、いくつかの典型的なアプリケーションを紹介します。

人間の識別

人間の識別は最も一般的なアプリケーションです。 中国では、RFID識別技術が市民IDカードに直接適用されています。 今日では、電子パスポートにRFID技術を適用する国がますます増えています。 また、RFID識別技術は、人の識別と管理により多く適用されます。

たとえば、学校はRFID学生カードを使用して学生をすばやく識別し、学生の安全を管理および保証できます。 企業はRFID識別システムを採用して、従業員のアクセス制御と出席を実現します。 ホテルやジムはRFIDメンバーシップカードを使用してメンバーを識別し、より高いサービスを提供し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

車両識別

RFID車両識別は、都市交通管理、駐車場サービス、高速道路料金徴収などに、より効率的で便利なサービスを提供します。RFIDタグは、車両のリモート自動識別を実現する上で重要な役割を果たします。

車両認識用のRFIDタグは通常、UHFフロントガラスタグ、RFID車両ヘッドライトラベルなど、読み取り距離が長いRFID UHFタグです。 UHF風防タグは、通常、車の風防に貼り付けられています。 RFID車両のヘッドライトラベルは透明で、車のヘッドライトに取り付けられており、簡単に識別できます。 さらに、RFID駐車カードとRFID電子ナンバープレートの両方がRFID車の識別によく使用されます。

動物の識別

RFIDテクノロジーは、動物専用の電子IDカードを作成して、ペット病院、畜産、動物園、および野生生物管理センターが動物をよりよく管理するのに役立ちます。 たとえば、RFIDタグを識別することで、動物の身元、検疫、繁殖、ライフサイクルなどのデータを簡単かつ迅速に取得できます。

現在、多くの種類のRFID動物タグがあります。 動物の耳札は、高温と紫外線に耐性があるより経済的なものですが、脱落する危険性があり、畜産や家畜の管理によく使用されます。 動物ガラス管タグは、永久的な摩耗を達成するために動物の皮膚の下に直接埋め込むことができる注射タグです。 RFIDエポキシカードは、ペットの紛失を防ぐため、またはペットファイルを記録するために、ペットの識別と管理に一般的に使用されます。

製品の偽造防止の識別

RFIDテクノロジーは、製品の偽造防止により効果的な方法を提供します。 消費者は、製品に取り付けられたRFIDタグをスキャンして、製品の関連情報を照会して知ることができるため、偽物や粗雑な製品の購入を回避できます。 また、企業はRFID偽造防止タグを使用して、ブランドの信頼とユーザーエクスペリエンスを強化できます。

NFCの偽造防止タグは、当社の一般的な製品の偽造防止ラベルです。 ユーザーは携帯電話のスキャンを通じて製品情報を直接知ることができます。 さらに、セラミックタグなどのRFIDの壊れやすいタグは、取り外して破壊するとうまく機能せず、偽造防止の識別に非常に適しています。

関連記事

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x