video

NFCとRFIDは詳しく述べて実用的に応用します

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

私達の日常生活の中で、NFCとRFIDの製品を使っているところが多いです。例えば、携帯電話のNFC機能、注文を早くして、ゲートマシン、リンクを使っている設備、RFID製品はゲートカード、銀行カード、服のラベル、資産管理、無人スーパー、お支払いなどです。今日はasiarfidでNFCとRFIDの応用について説明します。

the application of NFC and RFID

NFC製品の実用的なアプリケーション:

NFC機能を内蔵したデバイスは主に携帯電話をはじめ、タブレットやBluetoothオーディオ機器にNFC機能が内蔵されているものも少なくない。NFC技術は携帯電話で主に以下の5つの種類があります。

1.アクセスは(タッチアンドGo)を通して、ドアの管理、チケットとチケットなどのように、ユーザーはチケット証明書やドアのパスワードを保存する設備をカードリーダーに近づけてもいいし、物流管理にも使えます。

2.接触支払い(Touch and Pay)は、非接触移動支払いのように、ユーザは、NFCモジュールが埋め込まれたPOSマシンにデバイスを近づけて支払いを行い、取引を確認することができる。

3.接点接続(Touch and Connect)は、2つのNFCデバイスを接続するなど、ポイントペアデータ伝送を行います。例えば、音楽、画像相互転送、通信記録の交換などです。

4.接触閲覧(Touch and Explore)では、NFCの携帯電話を街頭に近いNFC機能のあるスマート公衆電話やポスターに接続して、交通情報などを閲覧することができます。

5.接触(Load and Touch)をダウンロードして、ユーザーはGPRSネットワークを通じて情報を受信したりダウンロードしたりして、前述のように、ユーザーは特定のフォーマットのメールを家政婦の携帯電話に送信して、家政婦の家に入る権限を制御することができます。

nfc sticker for sale

RFID製品の実用的な応用:

RFID技術の応用は主に三つの種類があります。受動RFID製品、受動RFID製品、半アクティブRFID製品。

1.受動RFID製品の発展が最も早く、最も成熟し、市場応用が最も広い製品でもあります。例えば、バスカード、食堂の食事カード、銀行カード、ホテルの門限カード、二世代の身分証などは私達の日常生活の中で随所に見られます。

2.アクティブRFID製品の遠距離自動識別の特性は、その巨大な応用空間と市場潜在量を決定しています。遠隔自動識別の分野では、知能刑務所、知能病院、スマート駐車場、スマート交通、インテリジェントシティ、インテリジェント地球などの分野に大きな応用があります。アクチブRFIDはこの分野で異軍が突起し、遠距離自動識別類に属する。

3.半アクティブRFID製品は、アクティブRFID製品と受動RFID製品の優位性を合わせて、低周波数125 KHZ周波数のトリガの下で、マイクロ波2.45 Gに優勢を発揮させる。半アクティブRFID技術は、低周波活性化トリガ技術とも呼ばれ、低周波近距離正確な位置決め、マイクロ波遠隔識別およびアップロードデータを利用して、単純なアクティブRFIDおよび受動RFIDの実現不可能な機能を解決する。

the magnetic card for bank and life

簡単に言えば、近距離の位置をアクティブにして、遠距離の識別とデータをアップロードします。この製品はソースRFIDとパッシブRFIDの優位を一体に集めています。出入り禁止管理、人員の正確な位置付け、区域の位置付け管理、周界管理、電子囲い及びセキュリティアラームなどの分野で大きな優位を持っています。

もっと多くの情報を知りたいなら、連絡してください。

メールボックス: contact@asiarfid.com

電話: +86-755-26979016

Tags: nfc, rfid, rfid-tag
Last update: Jan 04, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply