video

アクティブRFIDタグとパッシブRFIDタグの違いは何ですか?

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

受動RFIDタグには電源がありません。彼らは先にリーダライタから送信された電磁波を通じてアクティブにしてから、またリーダライタに情報をフィードバックします。パッシブRFIDタグの実用範囲は10センチから数メートルぐらいです。

アクティブRFIDタグには、内蔵電源と特殊なタスクを実行するためのマイクロプロセッサがあります。アクティブRFIDタグのデータ伝送範囲は、受動タグと比較してはるかに遠い。1つのアクティブRFIDリーダーは、100メートルの範囲内のすべてのアクティブタグを監視することができる。

application scenario of rfid tag produces

パッシブRFIDタグの利点は何ですか?

パッシブのアセットシール技術を使うと、バーコードを使うよりも4倍速いスピードで読み取ります。ユーザは受動RFIDリーダーを携帯するだけで、視線範囲内のラベルでなくても検出できる。ユーザはまだ各ラベル資産の実際の位置を視察したいです。データ収集プロセスは自動的に実行され、誤り率は低いです。ASiarifd.comは、さまざまなタイプのRFIDタグを販売しています。

3M adhesive uhf rfid tag

アクティブRFIDタグの利点は何ですか?

ある物体がアクティブRFIDタグによって管理されるとき、その物体の定例的な棚卸しはほとんど必要ない。アクティブRFID追跡スキームは、適用性、トラフィック、およびセキュリティニーズに応じて自動的に、リアルタイムで資産在庫を開始する。

読み書き器は事務室、貯蔵室、交通量の高い地域、出口通路などの重要な位置に永久に設置し、指定された区域内の標識資産の現在の状況を報告することができます。

active long tage rfid tag card

この二つのRFIDタグはどのような場合に使いますか?

パッシブRFIDタグは、一般的に小売サプライチェーンにおいて使用され、在庫追跡と管理効力を改善するために使用される。パッシブRFIDは「強化されたバーコード」と見なされてもよい(プリントコードは使用時間が長くなるにつれて汚損、引裂き等の品質が悪化する場合があり、かつリーダーとバーコードが視野範囲内にあることが要求される)。電源が内蔵されていないということは、パッシブタグの個体はかなり小さくて安いということです。商業用途のパッシブタグはシールのラベルに組み込まれて使用できます。現在生活で使用されている銀行カード、バスカード、ゲートカードはRFIDタグの入れ子カードで、通称ICカードとも呼ばれています。

ソースRFIDシステムは「灯台」のラベルを利用して、彼らの状態を定期的に中継しています。これらのラベルはリアルタイムで転送され、即時かつ継続的にラベル資産を識別します。大きな範囲でリアルタイム追跡が必要な場合、アクティブRFIDスキームは他の被動的解決策より明らかに優れている。重要な資産、IT設備、貴重品、移動と共有資源の管理には、アクティブ技術が顕著な優位性を持っています。

RFID製品とNFC製品に関する情報をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

メールボックス: contact@asiarfid.com

電話: +86-755-26979016

Tags: rfid, rfid-tag
Last update: Jan 04, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply