video

ICカードと磁気カードの違い

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

日常生活の中で、私達が使うカードの種類はとても多くて、バスカードがあって、銀行カードがあって、門限カードがあって、身分証などがあって、とても多いです。最初のほとんどのカードは磁気カードで、磁気カードが磨耗しやすくて邪魔になりますので、現在多くのカードはICカードを採用していますが、ICカードと磁気カードの違いは何ですか?

women's handbag shopping card

外観:

磁気カード:磁気カードの最も核心的な部分はカードに貼る磁気ストライプで、典型的な磁気カードは最初に使う銀行カードで、asiarfid.comは磁気カードの銀行カードなどをカスタマイズできます。普通のカードと変わらないですが、外観に銀色や黒などの色の磁気ストライプが一つ増えています。大きさや形は大体標準カードの標準です。

ICカード:ICカードはスマートカードともいいます。ICカードです。集積回路のRFIDチップ、またはNFCチップを銅板に実装し、標準のプラスチックカードに組み込むのです。一般的なのは社会保険カードです。外観はほとんど白で、カードの外観や大きさなどをカスタマイズできます。Asarirfid.comは各種ICカードをカスタマイズできます。非カードです。

magnetic card

保存先:

ICカードは磁気カードより大きいメモリができ、磁気カードは最大数百バイト、ICカードの記憶は全部Mで計算されます。ICカードの内部には、RAM、ROM、EEPROMなどのメモリがあり、文字、音声、画像などの情報を保持することができ、さらに分割することができ、異なるアクセスレベルなどがあります。

rfid chip IC card

安全性について:

ICカードは暗号化できますが、磁気カードは主にカードの磁気ストライプですので、データの読み書きができません。ICカードはICカードですので、内部のデータの読み書き、制御、暗号化などができます。ICカードは磁気カードより安全性が高いです。

その他:

ICカードはICカードを使用しています。性能が強く、データの安全性が高く、寿命が10年以上もあります。ネットへの依存が低く、オフラインで使用できます。カードの寿命は普通オフラインでは使えません。寿命は普通1-5年です。干渉防止性が低く、偽造されやすく、携帯にも便利です。

RFIDカードに関する情報をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

メールボックス: contact@asiarfid.com

URL: www.asiarfid.com 

Last update: Jan 04, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply