video

なぜお客さんはRFIDタグをカスタマイズするのが好きですか?

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

RFID技術は現在のデータの自動収集の主な手段の一つとして、電子タグはRFIDシステムに不可欠な構成部分であるが、多くの場合、ラベルの汎用性は強くなく、シーンのニーズに応じて異なる電子タグを選択することができる。

application scenario of rfid tag produces

1.作業頻度について

低周波RFIDタグ、高周波RFIDタグ、超高周波RFIDタグ。異なる周波数のRFIDタグは異なるシーンを適用し、異なる作業状況は異なる周波数のRFIDタグを選択しなければならない。

2.給電方式

給電方式では、受動RFIDタグ、半アクティブRFIDタグ、アクティブ受動RFIDタグに分けられる。

3.適用範囲

閉ループと開ループ

4.読み書きの種類

読み書きの種類によって分けられます。読み取り専用カードに分けられています。一回に複数のデータを書き込み、読み取り可能で書くことができます。この3つのタイプは、場面によって必要な場合によって、異なる読み書きタイプを選択します。

common chip types and parameters

5.使用環境

同じ周波数帯の製品は、使用環境によってパッケージ形態が違っていますので、インストール方法にも大きな違いがあります。HFRFIDタグを例にして、支払いと身分管理に用いられます。よくPVCカードの形式を採用します。偽造防止のためにソースを遡る時、紙くずや銅版紙のRFIDタグを選択できます。

同じ周波数帯の製品の同じ応用、取引先のため問題の特殊性に出会って、一定の相違性がもあります。例えば、HFの割れやすいラベルは粉ミルクの遡及に使われます。粉ミルクの缶の表面がプラスチックの材質であれば、直接に貼り付けられます。金属の材質なら、吸波材を加えてもいいです。吸波材料を加えた後、シミュレーション環境でテスト評価を行い、最後にあなたに最適なRFID製品ラベルを得ることができます。

カスタムRFID製品についてもっと知りたいなら、私達に連絡してください。

ウェブサイト: www.asiarfid.com

メールボックス: contact@asiarfid.com

電話: +86-755-26979016

Tags: rfid, rfid-tag
Last update: Jan 04, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply