video

無線周波数識別技術はバーコード技術より優れています

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

バーコード技術は、バーコード自動識別技術の略である。これは現代の情報技術を基礎にして発生し発展した符号自動識別技術です。符号化、データ収集、自動識別、入力、情報保存などの機能を一体化させて、物流過程における大量のデータの収集と自動入力などの問題を効果的に解決することができます。

無線周波数識別(RFID)は、システムと特定の目的との間の機械的または光学的接触を識別することなく、無線信号によって特定の目的を識別し、関連データを読み書きする無線通信技術である。ラジオの信号は無線周波数に調整された電磁場を通じて、物品に付着したラベルからデータを自動的に識別し、追跡する。

rfid tag

RFID技術の応用前に、情報の記録と伝送は主にバーコードに頼っていますが、なぜ現在多くの企業機構がRFID技術を採用してバーコード技術を採用しないのですか?RFID技術はバーコード技術より優れていますか?

1、RFIDタグデータの記憶容量

一次元バーコードの容量は50バイト、二次元バーコードの最大容量は2~3000文字、RFIDの最大容量は数メガバイトです。記憶媒体が発達するにつれて、データ容量もどんどん拡大する傾向があります。将来的に持ち物に必要な資料量はますます大きくなり、記憶媒体の容量拡大に対する需要も増えます。

2、RFIDタグの汚染防止能力と耐久性

伝統的なバーコードの担体は紙なので、汚染されやすいですが、RFIDは水、油、化学薬品などの物質に強い耐性を持っています。また、バーコードはビニール袋や外箱に付着しているので、特に折れやすいです。RFIDタグはデータをチップに存在させていますので、汚損なく使用寿命を延ばすことができます。

3、RFIDタグの外在形態は多様である。

RFIDは読み取りにおいてサイズや形状に制限されず、正確さを読み取るためにキャリアのサイズや印刷精度を解決する必要がない。さらに、RFID電子タグは、異なる製品に適用するために、小型化と多様な形態に発展することができる。

rfid products

4、RFIDタグの方が安全性が高い

RFIDが積載するのは電子式情報であるため、そのデータの内容は暗号化技術によって保護され、その内容が偽造されたり変造されたりしにくく、バーコードは物理情報を露出したり、汎用コードルールを多く採用したりして、データの安全性は保障されない。

5、RFIDの効率が高い

バーコードスキャンの識別周波数が制限されており、一度に一つのバーコードしかスキャンできない。RFIDリーダーは、同時に複数のRFIDタグを読み取ることができる。

RFID reader, RFID wristband

6、RFIDは透過性とバリアフリーで読むことができます。

カバーされている場合、RFIDは、紙、木材、プラスチックなどの非金属または非透明な材質を貫き、透過性通信を行うことができる。バーコードスキャナーは、近距離で物体が遮られない場合にのみバーコードを識別することができる。

7、RFID技術は繰り返し使用できます。

現在のバーコードは印刷された後は変更できなくなり、繰り返し使用できなくなり、無形に企業のコストが増加しました。RFID電子タグはRFIDタグ内に保存されているデータを繰り返し追加、修正、削除し、情報の更新に便利です。

RFID製品の技術に関する情報をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

ウェブサイト: www.asiarfid.com

メールボックス: contact@asiarfid.com

電話: +86-755-26979016

Tags: nfc, rfid, rfid-tag
Last update: Jan 04, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply