video

RFIDの知能製造業における役割

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

現在、知能製造は業界の注目のホットスポットとなっており、主にインターネット技術と思考モデルを我々の日常経営管理に導入し、生産経営の自動化とインテリジェント化を実現し、知能製造を推進することによって人力の削減、コストの低減、霊活市場の変化に対応し、お客様のニーズをより良く満足させることを期待しています。RFIDは真っ先に当って、知能製造業の難題を解決する主な技術手段になります。


RFID in intelligent manufacturing industry


1. 製造業難題:

生産採集データ量が大きく、手動入力効率が低く、誤差が大きく、データが信頼できない生産進捗度の監視が不足しています。正確ではないです。制御性の悪い注文書は生産現場で製品や完成などのデータが不鮮明で、コスト製品の品質損失を正確に計算できません。修復率が高すぎて、品質追跡データの統計ができません。将来の生産計画を指導するために、柔軟かつ効果的な意思決定分析プラットフォームが不足し、企業管理が困難である。


Intelligent Manufacturing Industry


2. RFIDの利点:

RFID装置は先進的な非接触無線周波数自動識別技術を持っています。距離が遠い、速度が速い、干渉防止能力が強い、複数の目標を同時に識別するなどの利点があります。

また、RFIDタグはバーコードにはない利点があります。例えば、防水、磁気防止、耐熱、寿命が長い、読み取りが遠い、データの変更、暗号化、記憶量が大きいなどです。

rfid


3. RFIDの知能製造業における役割

RFIDは、モノのネットワークにおける重要な知覚技術であり、RFID装置の成熟及び広範な応用は、知能製造技術の発展を促進している。

製造過程でRFIDリーダーを使用して、製品製造の品質、効率及び企業管理レベルを効果的に向上させることができます。例えば:

1)各種生産データの収集の自動化とリアルタイム化を実現し、生産計画と生産状態をタイムリーに把握する。

2)生産資源と製品を効果的に追跡、管理し、制御し、生産過程の透明、可視化管理を実現する。

3)生産物の配送の適時性、正確性を高め、エラー率を低減する。

4)生産過程の品質追跡能力と監視水準を向上させ、製品の品質と全体の生産効率を向上させる。

RFID製品に関する情報をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

URL: www.asiarfid.com

メールボックス: contact@asiarfid.com

電話番号: +86-755-26979016

Tags: chip, rfid, rfid-tag
Last update: Jan 08, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply