video

RFID電子タグは新しい小売をより活力にする

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

新小売が出されて以来、市場のコンビニは大きな革新的なブームを迎えています。資本の駆動の下で、各大手コンビニは開店の頻度を加速し、エピタキシャルな拡張を加速させ、急速に発展してきた。

「新小売」の急速な発展と革新に伴い、RFID電子タグの応用もますます広くなり、無人化技術の重要な一環として、RFIDタグも同様に未来の動向である。その中のRFID電子タグは新しい小売に必要な技術です。RFIDタグは、新しい小売店「無人スーパー」のギャグを満たすためではなく、消費者により良い買い物体験をもたらすためです。


RFID Technology


1. RFIDタグは消費者のショッピング体験を強めます

RFID電子タグは自身がデータを持っているタグであるため、RFIDは新しい小売探索における入門レベルのツールである。またコンビニだけでなく、多くの衣料品店でも在庫管理にはrfid電子ラベルが使われています。

服屋は目に見えにくいRFIDの電子タグを服の洗濯標識に埋め込みます。各ラベルは唯一の服に対応しています。この服の動きは楽屋で一目で分かります。このように服の単品管理を実現し、入店客の消費傾向を分析するためにデータサポートを提供しました。

より良いデータの確立に加えて、RFIDタグは、新しい小売業者が消費者により良いショッピング体験をもたらすように助けられます。

2018年にZARAはスマートな試着鏡、セルフチェックとネット購入注文セルフサービスなどのサービスを提供しています。店内にRFID(ビデオ認識)システムを備えたインタラクティブ着地の試着鏡はお客様の手持ち服のRFIDタグ情報を検出できます。お客様に実際の試着効果を見せて、そしてショッピングの推薦を提供します。現在、Zaraは世界120の旗艦店にこのAR強化の現実体験を導入しています。。


new retail


2.RFIDタグモニタ腐敗しやすい貨物

新しい小売業であれ、伝統小売業であれ、本質的には小売業である。この業界の中で、品質とサービスは永遠に第一です。箱の馬の生鮮は連続する食品の品質の問題のため、ブランドのイメージは1度下落しました。技術を優位にした新しい小売業として、食品の新鮮さを的確に見抜くことができないのは、消費者にとって一番不満なところです。しかし、現在、RFIDの電子タグはこの難題を解決し、食品の鮮度をリアルタイムで監視します。

最近、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディア実験室(Media Lab)の研究者たちが、数億の製品に広く使われている安価なRFIDタグを採用して、食品汚染を検出しています。研究者はこのような簡単で開拓可能なシステムを通じて、大衆に食品安全検査を普及させたいと願っています。

rfid tag

将来、技術の発展につれて、RFIDを採用した無人スーパー、無人箱と無人アイスボックスは更に広く敷設されます。新しい風の口ともっと多いシーンの応用の刺激の下で、RFIDはきっともっと大規模なのが新しい小売業に応用されます。

RFID製品に関する情報をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。ありがとうございます。

メールボックス:contact@asiarfid.com

URL:www.asiarfid.com

電話:+86-755-26979016

Tags: chip, rfid, rfid-tag
Last update: Jan 08, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply