video

RFID技術の医療資産管理における役割

in RFID ジャーナル on . 0 Comments

病院は医療機器の精密化管理に必要な情報化、現代化医療設備管理を実現するために、「RFID技術」が重さで登場します。

RFIDはまた、無線周波数識別とも呼ばれ、無線信号によって特定の目的を識別し、関連データを読み書きすることができ、システムと特定の目的との間に機械的または光学的接触を確立する必要がない。RFID技術は操作が簡単で、情報量が大きく、安全で、情報収集が速く、実用的な特性を持っています。雪、霧、氷、塗料、汚れとバーコードが使えない悪い環境を通してRFID電子タグを読みます。

rfid technology of medical

RFID技術の運用は医療設備全ライフサイクル管理において、購入出庫、資産棚卸、経済効果分析、設備メンテナンスの廃棄までを含む。

RFID技術情報プラットフォームの構築

病院の設備科は情報量を管理して、設備の“身分”が精密性を管理することを必要として、RFIDはこれらの要求に符合して、精密な設備の管理需要を満たすことができて、正確で、迅速に“医療設備の情報カード”を生成します。

新しい設備の場合、病院の技師が設備に対して安全品質検査を行って検収した後、関連設備の名称、規格、型番、コード、課室、投資時間などの情報を入力して、「医療情報設備カード」というRFIDを構築することになります。RFID電子タグが印刷された後、装置が触れにくいところに貼付されます。スキャンガンで正確な設備情報を素早く入力し、病院システムデータベースに接続し、設備使用単位、設備資産構成、資産性質などのすべての情報から、設備の各種変動状況を追跡することができます。

rfid medical asset management

1、設備購入入庫

医療設備の入庫、出庫の一環はRFID環節でも簡単に記録できます。異なるロットに対して生み出されるRFIDシーケンス番号はすべて唯一であり、特に指定されていても実現できる。入庫倉庫の皆は整理作業を行い、同じロットの使用、入荷数量は自動的に調整され、且つ確認が便利である。

RFID tag

2、固定資産の点検

病院の設備の固定資産管理は病院管理の中で、もし軽いならば、現代化情報技術を使って効率的に管理し、RFID管理体系の資産を建立します。設備の実物の位置、数量などの関連情報をはっきり知ることができて、仕事の効率を大いに高めることができます。

rfid tag

3、設備減価償却

医療設備の減価償却も設備管理の重要な仕事であり、廃棄した固定資産の価値を回収してこそ、固定資産の流失を招きません。RFID技術の情報化管理を採用して、減価償却設備に異常があることを発見しました。直接にネットで新たな決済ができます。

rfid technology

RFID技術の運用は、病院設備課の煩雑な仕事量を減らし、病院設備の全ライフサイクル管理に時代を超えた意義を持ち、病院の現代化管理プロセスを促進する。

RFID製品についてもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

メールボックス:contact@asiarfid.com

電話: +86-755-26979016

Tags: card, chip, nfc, reader, rfid
Last update: Jan 08, 2020

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply