ユニクロ、RFIDラベルを3000店舗に1年以内に提出

in RFID ニュース on . 0 Comments

日本のファスト・ジャイアントユニクロ(ユニクロ)の親会社であるファスト小売グループ(最近、2000年の店舗を含むグローバル3000店舗で1年を迎えると発表した)ユニクロの店舗でRFID(無線ID)タグが導入された。


日本の小売業者のグローバルな範囲で電子タグを初めて使用していますが、2014年早くにH&Mのライバルが電子ラベルを導入し、Zaraも今年完成し、2200の小売店舗と物流センターのRFIDシステムを完成させました。


実際、2015年にRFIDは現地市場で急速に小売りの電子レーベルパイロットを持ち、グループは製品の価格タグに添付された2×7.5cmのタグになります。すべての商品の利便性は、買い物カゴで自己チェックアウトシステムを1回スキャンします。グループは当初、東京と神奈川の郡に4店舗のGU店舗のパイロットを行い、徐々に地元の店舗に拡大しました。


ファーストセールスグループの取締役会長林井正明氏は、電子ラベルは支払いや在庫管理の時間を節約できるため、ホット販売商品のアウトプットを迅速に向上させることができるとしている。電子タグを使用することで、チェックアウト時間を短縮し、商品に在庫があることを確認したり、他の利点を提供することもできます。


マニュアルバーコードと比較して、RFIDタグは自動的に情報を読み取り、より多くの労力と在庫コストを節約できます。また、電子タグは、量、種類、色などの特定の情報をタイムリーかつ正確に収集します。さらに、電子ラベル検査に要する時間は現在のシステムの1/10にすぎません。


将来的には、高速販売グループは、消費者行動を分析するために、消費者が商品を拾って棚を戻したとき、いつどこで商品を販売するかといった電子タグを通じて詳細な情報を得る。


計画の初期投資額は数千億円と報告されている。この動きはまた、拡大する帝国からのAmazonと他の電力供給業者との間の競争にもうまく対処することを目指しています。

Related Article

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply