東京病院、RFID対応棚を利用した機器追跡

in RFID ニュース on . 0 Comments

東京のセント・ルーク国際病院は、機器の動きを追跡するためのRFID技術のパイロットを完了しました。この施設では、このテクノロジーがリアルタイムで各病棟の在庫レベルを確認し、中央の臨床工学室へのスタッフ訪問数を約55%削減しました。レコピック(Recopick)と呼ばれるこの技術は、日本の炭素繊維・プラスチック技術会社の帝人株式会社によって提供されています。

St. Luke'sは、毎日約2,550の外来患者にサービスを提供し、施設に滞在する患者には520のベッドを備えています。本館に13階建てと6万平方メートル(646,000平方フィート)の施設スペースがあり、地域社会の要望に合わせて病院が成長しています。最近、19のベッドを含む別館と出産クリニックを追加しました。


輸液ポンプ、シリンジポンプ、低圧連続吸引装置、酸素流量計など、患者を治療するために使用された病院の設備の多くは、使用されていないときに中央の臨床工学室に保管されていました。これは、機器を探している従業員が、各シフトの間にこれらの集中室に何度も歩き回らなければならないことを意味しました。どの職員がどの項目を取ったかの記録を作成するために、病院はバーコードシステムを使用して、工学室の作業員が借りた看護師が各資産をスキャンできるようにしました。このプロセスは非常に時間がかかるため、看護師はしばしば医療機器を自分の病棟に保管して、再び簡単にアクセスできるようにしました。病院にとっては、それは品目が欠落しているように見え、株式が不必要に補充されたことを意味しました。

セントルーカスは2016年により優れた自動化ソリューションを探し始め、その年の春にRecopickを導入しました。防水ケーシングを備えたパッシブ超高周波(UHF)RFIDタグで約1,300台のポンプと酸素流量計にタグを付け、清掃や滅菌プロセスを維持できるようにしました。


スマートセンシングの新しいアプリケーション開発のチームリーダーであるAramoto Natsuki氏は、メディカルエンジニアリングセンター内のすべての棚と22戸の全棚に、Recopick RFID対応シートを各シェルフに敷設したことを発表しました。タグ付きのアイテムは、それらのシートに直接配置される、と彼は説明する。各シェルフユニットには、Convergence Systems Ltd.(CSL)のCS468リーダーと帝人の独自のアンテナシートが付いており、タグID番号を取得できます。


読者は収集したデータをソフトウェアに転送し、どの棚がどの棚に保管されているかを示します。 Recopickは、ユーザが破棄されたものを見ることができるように、RFID対応廃棄ユニットも提供します。エンジニアリングルームの棚は、看護師の返却後に清掃やメンテナンスを待っているものと、整備され、清掃され、再利用できるものの2つのカテゴリに分かれています。


病院が機器にタグを付けると、各項目に関するデータがソフトウェアに入力され、その機器のタグに一意のIDとともに保存されました。この情報は、病院のサーバーにあるRecopickソフトウェアによって保存され、解釈されます。

看護師がエンジニアリングルームからアイテムを受け取ると、簡単に取り外すことができ、ソフトウェアはそれに従ってステータスを更新します。タグが120分を超えて読み取られない場合、その状態は患者に利用されていると仮定して、「使用中」として再び更新されます。装置は22区の別の区画の棚に置くことができ、その時点で装置がその場所に保管されていることが警告される。


装置を患者の上で使用した後、スタッフはそれを清掃および保守のために工学室に戻す。彼または彼女はそれを受け取り棚に置くだけで、ソフトウェアが更新されます。エンジニアリングスタッフが資産を清掃し、清掃され保守された棚に置くと、ソフトウェアはその装置が再利用の準備ができていることを知る。

Related Article

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply