RFID 紙製品製造の自動化に役立ちます

in RFID ニュース on . 0 Comments

WEPA は、トイレット ペーパーのドイツの製造業者およびその他の紙製品は、その製造とリールの輸送プロセスの自動化を有効にするパッシブの超高周波 (UHF) RFID タグを採用しています。システムが、同社のマインツの施設、段ボール製の 10 フィートのチューブが紙で傷ついているし、マシンを変換するだけでなく、倉庫に自動搬送車 (Agv) で輸送し、使用されて。RFID リーダーとソフトウェアは、RFID タグは、その Intellicore 紙コア Sonoco Alcore によって取り込まれた、フィンランド ベースの技術会社 Vilant システムによって提供されました。Vilant 可視性マネージャー サーバー (VWM) として知られているソフトウェアをキャプチャおよび管理データを読み取る RFID WEPA の AGV のソフトウェア、倉庫管理ソフトウェアとエンタープライズ リソース プランニング (ERP) ソフトウェアとその情報を統合します。

RFID システムは、2015 年 10 月に設置された、のでそれが会社の自動システムそれが生成する紙の各リールを識別し、そのペーパーを使用する方法と時期のレコードを作成するを有効に、データの書き込みと同様に、uhf 帯 RFID タグを読み取ることによって特定のコアにエンコードされた一意の識別子が埋め込まれた-紙と日付と時刻の各イベントの処理の種類など、そのタグに。このデータは、各特定のリールから紙で発生した各製品でのリール番号紙が起源と、またどのようなプロセスのレコードが作成されます自動的にリンクするソリューションをできます。

パッケージの紙製品を作るための紙を使用すると、一度コアは他のリールの再利用できます。また追跡されます各コアが使用されているどのくらいの頻度その寿命の最後に到達すると再生することができますように。

そのジャンボ紙リールの 1 つを作成するには、WEPA は、直径約 40 センチ (15.7 インチ) を測定し、直径 2.3 メートル (7.5 フィート) リールを作成するまで連続 10 フィート幅用紙 1 枚コアの周りを風にマシンを使用して Intellicore コアで始まります。もともと、1 月 Frenzer、WEPA の中央プロセス エンジニアは言う、作り出されたペーパーのジャンボ リール一度バー コード ラベルが接続されたとき後、必要になるまでが保存されていた場所、手動フォーク リフトで倉庫に運ばれました。リールの ID 番号とその動きに関連するすべてのトランザクションは、ERP システムに手動で入力されました。リールのバー コード ラベルが破損しているまたは輸送または保管中に剥がれ場合、非使用可能リールをレンダリングできるリールと用紙の種類を含んでいることを識別する方法はありませんでした。

WEPA の効率を高める、人件費の削減、紙製品の処理中にエラーを防止するためにそのシステムを自動化したいです。エラーは、たとえば、特定の製品の紙の間違っているリールを使用して成ることが。新しい自動化されたプロセスは、手動リフター; 代わりに Agv を含まれています組織、レイヤー、巻き戻し、各プロセスを自動的に行う包装機械場所を取っているかのデジタル記録を維持するために段ボールのコアに埋め込まれた RFID タグ。16 取扱修正読者の合計は、加工機だけでなく、リールを入力または倉庫のままに時を識別するために、Agv を移動、ゲート、インストールされます。

まず、コア巻線機に接続されているし、紙はそれの上に転がった。マシンの組み込み RFID リーダーによってタグ ID をキャプチャし、巻きのイベントを示すタグ上にデータを置くと、紙と、これが発生した日付と時刻の学年と一緒に。その情報は、VWM のソフトウェアも格納されます。

リール後人間フォーク リフト ドライバーではなく、AGV で倉庫に転送します。倉庫に入る、AGV 通過 RFID ポータル ソフトウェアでそのイベントのレコードを作成します。AGV は、割り当てられたストレージの場所でリールを配置します。Frenzer「に対して任意のリーダーにしました、AGV、」について説明します、"なく (Wi-Fi または携帯ネットワーク接続) などの通信ハードウェアを可能な限りシンプルに保つために [インストール済み] の固定読者マシン、複数のゲートで」。

多くの情報を表示するには、rfidjournal.com を訪れることができます。

Last update: Nov 21, 2016

Related Article

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply