RFID:現代建築の未来を考える

in RFID ニュース on . 0 Comments

建築の世界は一見不安定な状態です。住宅所有者が危険な生活の新たな時代を迎えさせるための重要な要素として、不慣れな住居であるべきものであるか、怠惰な設計が広く特定され、精査されている。


主流のメディアで広く取り上げられているように、発掘の多くは、不適切な装備をしていて不注意で失敗してしまった「危険な高層ビル」の周辺で行われています。非常に多くの家族や友人がすべて快適に積み重なっているので、自宅でこのような心配や危険がなくても、安全で平和に暮らしています。人々はこれらの訴訟の防止を望んでおり、彼らは今それを望んでいます。


結局のところ、一つの質問が他の質問の上に立っています。社会はどのようにして現代の建物の致命的な欠陥を解決できますか?答えの一部は、無線周波数識別、および新しいではないが、最終的に人気が高まっている技術にあります。

それがどのように利用されているか

新しい建物では、有人監視の限界を超えて、最新の専門知識に基づいたアプローチを採用しなければならず、絶え間なくチェックすることができます。


これは、RFIDが達成するために管理しているものであり、プロジェクトの概念から完成までの一定の分析方法として建設中に実装されています。工具や歯車に適用すると、高価で危険な機器は、誤った位置や盗難の機会をなくしながら、適切な使用を確保するために常に追跡されます。その後、オンデマンドデジタル手段の手動追跡(請求書とマニフェスト)を交換することで、大規模なプロジェクト管理がサポートされます。


最終的には、現代的にはすべてをチェックし、プロトコルに沿ったものにしています。これは認可を手助けし、全面的に高い基準を維持しています。エラーの可能性は最小限に抑えられ、きれいな建設期間の責任が強制されます。結局、複雑なロジスティクスは、実行可能なシステムに合理化されています。


火災の安全と予防

もちろん、健康と安全以上のものは何も重要ではありません。彼らは良い生き方の2つの柱であり、建設は彼らを大事にするための道のりです。その結果、RFIDシステムもその役割を果たすことができる。


この技術は、スリムな効率性を奨励するだけでなく安全性を確保するように実装されています。 Rocburn Ltd.のような企業は、革新的な窓開口ソリューションを提供しています。つまり、古い学校のマニュアルオープナーと最新のウィンドウコントロールを組み合わせてさまざまな換気体験を実現しています。これは非常に実用的です。特に有害なガスやカムプスの研究室で働く学生さえも扱っている労働者たちが特に意欲的です。彼らは今、単にボタンを押すだけで安全になり、火災の安全性が高まります。


もちろん、勇敢で有能である一方で、消防隊は政治的および経済的要因によって非常に緊張しています。政府が動き出した場合、英国での彼らの役割ははるかに効率化され、RFIDのクイックタイムモニタリングは多くの限界を克服し、道路上に戻ってサイレンが燃えてしまう可能性があります。

それにもかかわらず、この費用は詳細に検討する必要があります。結局のところ、消防隊のサービスは長年にわたり非常に厳しい状況にあり、RFIDなどの技術はすべての人が手軽に利用できるわけではありません。そのようなサービスに課された挫折と効率の高まりに対するこのような広範な要求にもかかわらず、RFIDは問題に取り組むことを望んでいる予算に大きな穴を吹き込むことは間違いありません。


最終的には、非常に大きな可能性を秘めて、まもなくRFIDが安全のために標準化された技術になるとは考えにくい。結局のところ、それは消防車の緊張の多くを和らげながら、他のセクターでもすぐに利用できるようになっています。


他の産業における追加費用

幸いにも、RFIDは業界に依存して価格設定されています。これにより、部門ごとに幅広い変数が残されます。


小売業界で衣服のタグ付けに使用されているこの技術は、全面的な在庫精度の向上により、このセクターにおける販売と顧客関与を促進しています。コストにかかわらず、利益の上昇は容易にそれを上回るようです。このような需要と報酬の結果では、ここでは技術が達成できないと考えることは間違いです。これは標準化された機器であり、セクター内のすべての人に利用可能です。


建設中のRFID原価計算も同様のロジックに従います。ここでのRFIDのコストは、セクターの需要が高まったために下がっています。結局のところ、人々はそれに手を差し伸べることができれば、それは手頃な価格でなければならない。取り扱いおよび支援の情報サービスは、学校や大学にも適用されます(たとえば、図書館のカタログや登録データベースなど)。それは広範囲に及んでいますが、まだ把握しています。

Last update: Feb 02, 2018

Related Article

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply