新しいシステムインパッケージによりNFC支払いがウェアラブルにもたらされる

in RFID ニュース on . 0 Comments

STマイクロエレクトロニクスは、ST53Gシステム・イン・パッケージ(SiP)を発表しました。解決策は、非接触型決済を安全にするために、そのような腕時計、フィットネストラッカー、電子の携帯電話や玩具などのウェアラブルデバイスに組み込むことができ、同じパッケージ内に統合セキュアエレメント(SE)とRFブースター、から構成されています。 SEは、Near Field Communication NFCを使用している同社のST31ファミリの32ビットセキュアマイクロコントローラユニットの一部です。


すでに、スマートウォッチ、スマートフォン、タブレットなどの電子機器には、NFCリーダーとタグが装備されています。しかし、STマイクロエレクトロニクスの銀行およびIDマーケティングディレクターのChristian Vignesは、数十億個の時計のうちのわずかな割合しか占めていません。しかし、他の人は、同じ技術をクレジットカードに埋め込むことによって、NFC支払い技術の恩恵を受ける能力を持つことができる。


システムのために、典型的なものは、バッテリー内蔵消費者製品のパワーを採用しています。さらに、このソリューションは、コーヒーマグやリストバンドのようなバッテリなしでも、短い読み取り範囲で機能することができます。

ST53Gは、シングルまたはデュアル非接触型アプリケーションのためのウェアラブルでNFCカードエミュレーション機能を有効にするように設計されています。モジュールは、読み取りをもたらすために、ISO 14443標準と同様に、ブースターに準拠したSTのST31G480デュアルインターフェースSE、から構成され、アンテナの用途やサイズに応じて10センチメートル(3.9インチ)までの範囲です。


STマイクロエレクトロニクスのセキュアMCU部門のバンキングおよびIDの中央マーケティングディレクター、クリスチャン・ヴィーニュス氏は、アンテナは通常、非常に小さくすることができると述べています。 SEとブースターを搭載したST53Gモジュールは、4ミリメートル(0.2インチ)の正方形のフォーマットで出荷されます。このブースターにより、10センチメートルの読み取り範囲を確実に達成することができます。従来の非接触型またはNFC対応タグとカードウェアラブルの場合、企業。


過去1年ほどの間に、ヴィーニュは言う、ウェアラブルデバイスの成長があった、その多くは、時計に孤立含む-ではなく、NFC技術の恩恵を受けるだろう。 ST53は、それ自身のバッテリまたは電源が付属している場合、そのようなウェアラブル機器に内蔵された電源も持つように設計されています。 「バッテリーを使用すると、読書の距離やスピードなど、より良いパフォーマンスを達成することができます」と彼は述べています。

ウェアラブルデバイスは、バッテリの有無に関係なく使用できます。支払いアプリケーションは、ST31G480 MCUを支払いアプリケーションに埋め込むことで追加できます。それは読めるが、短い範囲では読者を必要とする可能性がある。 ST53G一方、デバイスからブースターとパワーを使用すると、企業は「ユーザーエクスペリエンス-読み取り距離とボリュームだけでなく、安全なトランザクションの堅牢性を向上させる、」できるSTの中央のマーケティング部門からアン-LAURE Sixou氏は、通信市場インテリジェンスのための


この技術により、開発者はNFCベースのアプリケーションを作成できるため、新しいユースケースが可能になるとSTマイクロエレクトロニクスは予測しています。 「実際には、市場はまだ確立されていません」とVignes氏は言います。したがって、このモジュールは、アプリケーションを開発するための新たな機会を提供します。 「この種の統合により、ウェアラブルに低コストで機能を追加する機会が提供されると確信しています。


これは、時計のメーカーが、消費者がNFC対応POS(point-of-sale)デバイスを使用して商品を支払うことを可能にする製品を作り出す可能性があることを意味する可能性があります。また、システムは支払いを超えたソリューションを可能にする可能性があります。例えば、医療の場合には、センサを装着した個人を医療提供者に転送することができる。


彼らは独自のソフトウェアやアプリケーションを作成できるようにST53GのSiPは、ソフトウェア開発者キット(SDK)と一緒に会社に提供することができます。ペイメントの場合、STマイクロエレクトロニクスはST53GにSTPay-Boostと呼ばれる組み込みオペレーティングシステムを提供します。 STPayはMifareは、のMifare DESFireや、ビザ、マスターカード、アメリカン・エキスプレスなど、すべての主要な決済スキーム、と連携し、読み取りに使用できる決済オペレーティングシステムです。


モジュールのサンプルは市販されており、来年初めに完全生産を予定しています。新しいモジュールは、Trustech、カンボジア、フランスに展示されます。

Last update: Nov 09, 2017

Related Article

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply