ビーコンベースのソリューションにより、インテリジェンスがオフィスにもたらされる

in RFID ジャーナル on . 0 Comments

フィンランドのITソリューション企業Tieto Corp.はQuuppaの屋内測位技術を使用して、自社の施設に導入したインテリジェントビルディングソリューションを販売しています。このソリューションをヘルシンキ本社に設置して以来、労働者の病気日数は減少していますが、生産性と売上高は増加しています。

ビルインテリジェンスシステムは、企業がどのように従業員や訪問者がどこに位置しているか、どのように施設​​が使用されているか、建物やキャンパスの管理方法、建設会社Skanska、フィンランド国立保健福祉研究所、交通機関Metropoliaを含む、およそ10社がこのソリューションを使用しています。


Tietoは、世界中の企業にITおよびエンジニアリングサービスを提供しています。その大部分は北欧諸国にあります。同社は13,000人の労働者を雇用しており、石油、ガス、林業、医療、公共部門などの産業に50年の歴史を持っています。過去18ヶ月間、TietoはInternet of Things(IoT)と自動データ収集をベースにした新しいサービスの開発、テスト、導入を進めてきたと同社インテリジェントビルディレクターのTomi Teikkoは述べています。 MyOfficeと呼ばれる最初のTietoインテリジェントビルディングシステムは、今年、いくつかの企業によって導入されました。


MyOfficeは、Tietoのクラウドベースのソフトウェア、モバイルデバイス用のアプリ、Quuppaロケータ、ロケータに送信するタグ、デスクや他の特定の場所での個人の存在を検出する赤外線センサで構成されています。目標は、会社がそのスペースがリアルタイムでも歴史的にもどのように使用されているかを理解できるようにすることです。このようにして、従業員は、同僚がどこにいるか、どの会議室が占有されているのか、またはどのデスク領域がメンテナンスのために無料であるかを見ることができます。管理者は、空間がどのように利用されているか、より効率的な場合(例えば、より多くの会議室や少ない会議室を提供するなど)の詳細を知ることができます。


同社は自宅でMyOfficeのインストールを開始しました。昨年所有され、ノキアが占有していた21,000平方メートルのヘルシンキ施設を取得し、建物周辺の人々の動きを追跡するためのMyOfficeシステムを導入しました。 Teikko氏は、全体的な目標は「人々が臨機応変な作業をサポートするためにより柔軟で現代的な方法で作業できるようにすることでした」と述べています。


その施設では、建物の周りに500人のQuuppaロケーターを設置し、数フィート以内で個人の場所を特定できるようにしました。従業員と訪問者はそれぞれストラップにLD6T Quuppa Tagを、一部のQuuppaアセットタグは従業員の自転車などのアイテムに付けられています。現在までに、従業員の約80%がバッジを着用しており(その使用は任意である)、約1,600人の労働者に相当する。


天井に設置されたLD6L Quuppa Locatorsは、オフィスエリア(高さ約9フィートまたは10フィートの天井)からカバレッジを提供します。屋外での使用や12m以上の天井に設置するために設計された長方形のLD7Lロケータは、帝都の大型アトリウムなどの壁にサイドマウントすることができます。


Quietaの共同設立者でありゼネラルマネージャーのFabio Belloni氏によると、QuietaはTietoの施設でシステムのインストールと試運転を支援していましたが、現在Tietoは顧客サイトでの設置を行っています。 Belloni氏は、「私たちは、彼らがそれを有効にして組織を訓練するのを手伝ってくれました。 "その後、彼らはそれを独立して管理しています。" Tietoはまた、各デスクエリアに赤外線センサーを配備して、人が机に座ったときを検出しました。


個人が建物に入ると、固有のタグID番号がクワッパのロケータによってキャプチャされ、Bluetoothトランシーバと内蔵アンテナが内蔵されています。ロケータは、データをサーバに転送し、Quuppa Positioning Engine(QPE)ソフトウェアは、ロケータによって受信されたビーコンの送信の角度を測定することによって位置を識別する。その情報はMyOfficeソフトウェアに転送され、その場所に関連する個人やデータと照合することができます。


Comments

Leave a Comment

Leave a Reply