第2世代のRFIDタグメモリバンクについて知り得ない17つの事柄

in RFID の基礎 on . 0 Comments

UHF Gen 2 RFIDタグには4つのメモリバンクがあります。


EPC

TID

ユーザー

予約済み

チップセットまたは集積回路(IC)は、これらの4つのメモリバンクを収容し、すべてのデータが格納されます。いくつかのチップセットは、より多くのユーザメモリまたはより長いEPC番号を可能にするために、4つのバンク間で異なるビット割り当てを有する。各チップセットはユニークですが、同じ基本原則がすべてに適用されます。


以下はUHF Gen 2メモリバンクに関する17の事実です:


1.各銀行には、EPCglobalによって割り当てられた番号とタイトルが付けられています。


(11)ユーザメモリバンク

(10)TIDメモリバンク

(01)EPCメモリバンク

(00)予約メモリバンク

2.キルおよびアクセスパスワードは、予約メモリバンク(00)に格納されます。


3.アクセスパスワードとキルパスワードの長さはともに32ビットです。


4.ユーザーメモリーバンクは、ユーザー定義データ用の場所を提供します。


5.ユーザーメモリバンクはすべてのチップセットに含まれていませんが、タグにユーザーメモリがある場合、製造元から空白になります。


6.ユーザメモリの範囲は32ビットから64kまでです。


7. EPCとは、「ユニバーサルプロダクトコード」を意味するUPCと混同しないように、「電子製品コード」の略です。


8. EPC番号は96ビットから496ビットまでの長さが異なります。最も一般的なEPCの長さは96ビットと128ビットです。


9.一部のチップセットメーカーはEPC番号をユニークにしているメーカーもあれば、そうでないメーカーもあります。これは、RFIDタグを購入するときに注意することが重要です。ユニークなEPCなしでタグを購入すると、タグが読み取られると、レポートされる読み取りフィールドに1つのタグしかないように見えます。タグEPCが一意でない場合は、RFIDプリンタ(インレイまたはRFIDラベルの場合)を使用して一意の値にエンコードするか、一度に1つのタグをエンコードすることができます。


10. EPCメモリ領域がロックされていない限り、EPC値は必要に応じて何度も読み書きできます。


11. RFIDタグが、サプライチェーンや小売業のような特定のアプリケーションのアイテムに置かれると、EPC番号は識別スキームを使用してエンコードされます。 EPC識別スキームはGS1によって作成され、アイテムの使用に応じてEPC番号をエンコードする方法を説明します。識別スキームは、EPC番号のビット割り当てを説明し、ヘッダ、フィルタ値、パーティション、会社プレフィックス、アイテム参照、およびシリアル番号のビット数を定義するように設定されています。これらのスキームは、EPC配分を標準化するために作成され、国防総省や世界貿易(GTIN)やグローバルリターンアセット(GRAI)などの分野で使用されています。


12. TIDは「Tag Identifier」の略であり、シリアル識別番号またはSGTIN(共通識別スキーム)と混同してはならない。


TID番号は、通常、長さが32〜80ビットで、チップセットのタイプと製造元が含まれています。


14.特定のタグには、XTIDで表される拡張TID番号が付いています。


15.TID番号は読み取り専用メモリであり、書き換えられません。


16.各TID番号は一意であり、特にEPCがシリアル化されていない場合に、1つのタグを別のタグから一意に識別するために使用できます。


TID文字は、チップセットおよび製造業者のタイプを説明する。例えば、TID番号が最初の2文字の後に "003"という3文字の文字列を有する場合、チップセットはAlien Technologyによって製造された。チップセットのタイプは次に決定できます。次の3文字が「412」の場合、それはHiggs-3チップです。次の3文字が「414」の場合、それはHiggs-4チップです。次の3文字が「811」であれば、それはHiggs-ECチップです。


Last update: Dec 20, 2017

Related Article

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply