あなたのアプリケーションの最高の RFID タグ: 7 主な要因を考慮するには

in RFID の基礎 on . 0 Comments

パッシブ RFID タグは、電子的に識別してオブジェクトを追跡するには、RFID リーダーとアンテナを有効にするデータを格納します。各 RFID タグには、物理的、環境的、および機械的にその限界を定義する特定の属性があります。特定の RFID システムの要件に適用する場合、これらの制限は最適なタグを見つけるため検索を絞り込むのに役立ちます。パッシブ RFID タグを選択する際、以下の 7 つの属性を見なす必要があります。

F---グリーン

周波数範囲

RFID システムの他の部分と同様に、RFID タグを展開国の適切な周波数範囲に調整する必要があります。かどうか、読者は 902-928 MHz 帯の送信とタグ 865-868 MHz 帯域にチューニングを読み取ろうとすると、タグは応答しません。

キー持ち帰り: アプリケーションの営業地域規制を考慮して特定の地域と互換性のタグを選択します。

環境

E---グリーン

アプリケーションは、極端な温度、砂、水、土、または集中的なプロセスを洗浄に耐える必要があります、そのような条件に耐えられるように組み込まれている RFID タグを選ぶことが大切です。

キー持ち帰り: すべての環境要因を考慮し、タグの仕様に対してそれらをチェックします。すべての種類の極端な条件を生き残るために開発された多くの専門 RFID タグがあります。

取付面

M---グリーン

RFID タグは、特定のセットまたはサブセットの材料に適用する設計されています。RFID タグは一般的に、段ボールや木材、プラスチックなどの材料でうまく動作が、金属やガラスなどのより複雑な材料でうまく動作することは特定のタグのみ。通常金属やガラスにマウントすることができますタグは、RFID ラベルやインレイの典型的なより多くを要する。

キー持ち帰り: タグを適用する取付面を検討してください。

サイズ

S---ブルー

RFID タグは異なったサイズで製造され、より良い形状に独自のアプリケーション対応します。タグを設定する特定のアプリケーションとオブジェクトで領域の量、に応じてサイズは理想的なタグを決定する上で重要な役割を再生できます。 いくつかのアプリケーションは、医療および手術器具をタグ付けなどのオブジェクトで利用できる部屋の不足によって妨げられています。

キー持ち帰り: どのくらいの表面積は、RFID タグを選択する利用可能な理解することが重要です。

添付ファイルのメソッド

---青

材質・形状のタグを設定する項目は、適切な取付方法を決定する際に考慮する最も重要な側面の 2 つです。 その他のタグは、リベット、ネジ、または溶接装置に付着する必要があります、いくつかのタグは万能接着剤・ エポキシとうまくいきます。段ボール箱などのオブジェクト通常はタグ使用汎用接着剤、リベットやネジに金属製のパレットがあります。

キー持ち帰り: 与えられたタグの添付方法は、タグのデータシート内で通常発見しました。

読み取り範囲

R---グリーン

RFID タグの読み取り範囲ほとんどすべての RFID システムの重要なコンポーネント。ただし、読み取り範囲に影響を与える多くの要因がある-アンテナ利得リーダー送信電力、およびタグの向き- など、アプリケーションの最適な範囲を決定する際に、それぞれが見なします。

キー持ち帰り: アプリケーションを必要とし、さまざまな成功を確保するためのタグをテスト読み取り範囲を検討します。

カスタム印刷およびエンコード

C---青

カスタム プリントとエンコードはない必ずしも選択肢を絞り込む、RFID タグ;ただし、両方が購入する前に考慮する重要です。アプリケーションが顧客の表面仕上げは、カスタム印刷がロゴと前面にバーコード プロフェッショナル タグを保つために可能なオプションにあります。カスタム エンコード時間、機器、またはユーザー設定の連続データを使用して RFID タグをエンコードする人材が不足している場合に有益である可能性があります。アクセス コントロール アプリケーションがプライマリで重要な役割を果たしているカスタム エンコードの例。

キー持ち帰り: は、アプリケーション可能性がありますカスタムのラベル付けや RFID タグのエンコードから恩恵を受けるかどうかを検討します。

お使いのシステムのための RFID タグを選択する方法について質問がある場合は、お気軽にお問い合わせ、または下記のコメントを残します。

Last update: Nov 04, 2015

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply