超高周波RFID電子タグと高周波RFID電子タグの違い

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

モノのネットワーク化の急速な発展に伴い、RFID電子タグは各分野に及んでいる。RFIDタグも多くの種類に分けられています。低周波のrfidタグがあり、高周波のrfidタグがあり、超高周波のrfid電子タグがあります。今日は、高周波のrfid電子タグと超高周波の電子タグの違いを説明します。

application of rfid tag

1. 高周波RFID電子タグ

高周波RFIDタグは典型的な動作周波数は13.56 MHzであり、一般に受動を主とし、タグとデータ交換を行う場合、RFIDリーダーアンテナから放射される近接場領域内に位置していなければならない。高周波ラベルの読書距離は普通1メートル以下です。高周波ラベルは便利にカード状にできますので、電子チケット、電子身分証、電子ロック盗難防止(電子リモコンドアロックコントローラ)、団地不動産管理、ビルの門限システムなどに広く使われています。

NTAG nfc tag

2. 超高周波RFID電子タグ

超高周波ラベルの動作周波数は860 MHz〜960 MHzの間で、アクティブラベルとパッシブラベルの2種類に分けることができます。動作時、無線周波数タグは超高周波リーダアンテナ放射場の遠視野領域に位置し、RFIDタグとの間の結合方式は電磁結合方式である。超高周波リーダアンテナ放射場はパッシブラベルにrfエネルギーを提供し,パッシブタグを呼び覚ました。対応する無線周波数識別システムの読書距離は普通1メートルより大きく、典型的な状況は4メートル〜6メートルで、最大10メートル以上に達する。リーダ・アンテナは、一般的に指向性アンテナであり、リーダ・アンテナの指向性ビーム範囲内の無線周波数ラベルのみが読まれてもよく、書き込みされてもよい。超高周波タグは読み取り距離が遠いため、データ転送速度が速く、鉄道車両の自動識別、コンテナ識別に広く応用されています。また、道路車両識別と自動料金システムにも利用できます。

uhf rfid tag

3. 高周波RFID電子タグと超高周波RFID電子タグの特徴:

No.1高周波ラベルは、超高周波タグよりも安く、省エネ、非金属透過力が強く、動作周波数は無線周波数により制限されず、水分成分の高いもの、例えば果物などに最適です。

NO.2 超高周波の作用範囲が広く、データの転送速度が速いですが、彼らは比較的にエネルギー消費量が少なく、貫通力が弱く、作業エリアには多くの干渉がありません。港から倉庫までの荷物を監視するのに適しています。しかも超高周波システムは価格が高く、高周波システムの10倍ぐらいです。

RFID製品に関する情報をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

URL: www.asiarfid.com

メールボックス: contact@asiarfid.com

電話番号: +86-755-26979016

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply