異なる環境の下でどうやってRFIDタグを正確に選択しますか?

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

RFID技術の運用は日常生活においてますます一般的になってきており、その中でも超高周波RFID技術は遠距離から読み取り、多タグ読み取りの特徴は広く各業界に応用されており、超高周波rfidタグの正確な選択はRFIDシステム全体の良好な動作にとって非常に重要な役割を果たしている。どうやってRFIDタグを正確に選択しますか?

UHF ABS anti metal rfid tag

一、RFIDタグの運用環境を理解する

特殊な環境RFIDタグは特殊な設計変化が必要で、特に超高周波RFID製品は金属と液体がその性能に大きな影響を与えます。そのため、応用の環境は金属か非金属か、液体かそれともプラスチックか、ガラスか、木かなどが一番重要な問題です。

これは、超高周波RFIDタグの選択の大きなクラスを直接決定するであろう。従来のラベルは直接に金属の表面に使用できません。特殊な設計をした抗金属のラベルだけが金属の表面に良い性能を持つことができます。また、このようなラベルは一般的に貼る金属の面が大きいほど性能がいいです。

超高周波RFIDタグの性能は環境に影響されやすいので、RFIDタグを選ぶ時に、選択されたRFIDタグがあなたの仕事のニーズに適合するかどうかを考慮します。

PPS waterproof washable rfid tag

二、RFIDタグの識別距離を知る

読み取り距離は読み書き器やアンテナと直接関係があり、ラベルとリーダ・アンテナの設置位置と角度関係を明確にする必要があります。同時に、電力選択、アンテナ利得、偏光方式、放射角などのパラメータは、必要に応じて考慮される範疇に属する。

RFIDシステム全体において、各詳細は実際の読取距離に影響を及ぼす可能性があり、最終的にプロジェクト要求に達するかどうか、さらには供給ライン(アンテナとリーダライタを接続するケーブル)の長さなども考慮しなければならない。

UHF RFID Tag

三、RFIDタグの応用シーンのサイズを知るために必要である。

私達の過去の多くのプロジェクトの経験の中で、往々にしてお客さんはラベルのサイズが小さいことを望んでいます。

しかし、ラベルのサイズはまさにラベルの性能を決める要因の一つです。サイズが大きいほど、ラベルの性能が良くなります。サイズもラベルがある媒体環境やラベルの基材などと関係があります。同時に、ラベルのパッケージ形式はラベルのコストと直接関係があります。これらはお客様がプロジェクトを操作する時に総合的に検討しなければならない要素です。

rfid tag

もちろん、実際のタグ選定作業では、RFIDタグが高温に耐えられるかどうか、データ容量がどれぐらいあるか、一度に読み取れる最大ラベルの数がどれぐらいあるかなど、考慮する必要があります。

RFIDタグと他のRFID製品に関する情報と需要をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

URL:www.asiarfid.com

メールボックス:contact@asiarfid.com

電話:+86-755-26979016

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply