RFIDリーダーを持つメリット

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

RFIDリーダーを持つと、デパート、スーパー、薬局、書店、固定資産の棚卸に利用できます。往々にして棚卸しの貨物の種類、数量が多く、伝統的な人工棚卸は紙で記録し、記録と入力の際、データが間違えやすく、更新が遅れ、大量の人力と時間を費やしただけでなく、効率も低下します。RFIDリーダーを採用して棚卸を行います。簡単に棚卸作業を完成するだけでなく、人為的なミスを回避できます。データがより正確です。

handheld rfid reader

RFIDは伝統的なバーコードより識別される利点がある。

1、光源を必要とせず、外部の材料を通してデータを読み取ることもできる。

2、耐用年数が長く、劣悪な環境で働ける。

3、様々な形状、タイプの製品に簡単に埋め込みまたは付着することができます。

4、読取距離がより遠く、かつ一度に複数のラベルを読み取ることができる。

5、データの書き込みとアクセスができます。ラベルの内容は動的に変更できます。

6、ラベルのデータアクセスはパスワード保護があり、安全性がより高いです。

7、RFIDタグに付着した物体を追跡して位置決めすることができる。

rfid tag reader

RFIDリーダーを手に持って棚卸を行うことは、バーコードディスクと比較しても比較にならない利点があります。バーコードディスクは、近距離で物体のブロックがない場合にのみバーコードをスキャンすることができ、一回に1つのバーコードしか読み取りできない。RFIDリーダーを持つと、一度に複数のRFIDタグを読み取ることができ、識別距離が遠く、棚卸効率がより高いため、従来のハンドメイドディスクは、RFID端末によって徐々に置き換えられてきた。

棚卸し人員はRFIDリーダーを持って荷物の情報を読み取るだけで、システムの貨物情報と比較すれば、貨物の種類、数量がよく分かります。RFIDリーダーを使用して棚卸しを行い、人力を節約し、人件費を低減し、正確かつ効率的に行う。

uhf rfid reader

より多くのRFID製品、または他のタイプのRFIDリーダーを知りたいなら、いつでも連絡してください。誠心誠意サービスします。

URL:www.asiarfid.com

メールボックス:contact@asiarfid.com

電話:+86-755-26979016

Last update: Apr 12, 2019

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply