超高周波RFID電子タグの利点と欠点

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

RFID電子タグは日常生活で使われるようになりました。多くの周波数のRFID電子タグも存在します。今日は超高周波RFID電子タグの長所と短所について説明します。

uhf rfid tag

一、超高周波RFID電子タグの利点。

高速運動物体を識別することができ、複数のオブジェクトを同時に読み取ることができ、以下のような利点がある。

1、透過性が強く、劣悪な環境に抵抗する。

2、安全性、秘密保持性が強い。

3、繰り返し使用でき、データの記憶容量が大きい。

二、超高周波RFID電子タグ標準協議;

現在、国内でよく見られる超高周波RFIDエアポートプロトコルは、国際規格、国家規格、業界標準、企業基準などがあります。

最も流行している標準は6 Cと6 Dで、ISO/IEC 18000-6 C(63)、ISO/IEC 18000-6 D(64)です。また、2014年5月に正式に実施された中国国家規格GB/T 29768-2013もあります。

rfid tag

三、超高周波RFID電子タグバンド;


全世界の超高周波電子ラベルの周波数帯域の定義は同じではない、例えば:

1、中国の周波数は840~844 MHzと920~924 MHzです。

2、EUの周波数は865 MHz~868 MHzです。

3、日本の周波数は952 MHzから954 MHzまでです。

4、香港、タイ、シンガポール920 MHz~925 MHz

5、アメリカ、カナダ、プエルトリコ、メキシコ、南米の周波数は902 MHz~928 MHzです。

RFID tag

四、超高周波電子ラベルの応用;

超高周波RFID市場の応用シーンはかなり広く、一度に複数のタグを読み取ることができ、識別距離が遠い、データの転送速度が速い、信頼性と寿命が高い、アウトドアの劣悪な環境に耐えるなどの利点があります。

資産管理、生産ライン管理、サプライチェーン管理、倉庫保管、各種物品の偽造防止トレース源(タバコ、酒類、医薬など)、小売、車両管理などに使用できます。

RFIDに関する製品をもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

メールボックス:contact@asiarfid.com

電話: +86-755-26979016

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply