RFIDタグは服装管理の偽造防止問題を解決する。

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

ここ数年来、アパレルブランドの企業はますます生存しにくくなりました。有名なアパレルブランドの閉鎖や直営店の廃止も相次いでいます。アパレルブランド企業がますます難しくなる原因は主にここ数年の電子商取引の急速な発展があります。情報化のレベルが足りないため、服装企業は製品の市場での流通をコントロールしにくいです。一部の企業はRFIDサプライチェーンの管理によって解決されることを意識し始めました。RFIDの電子タグを服に応用して、チップは情報を収集して記憶して、販売動向を記録して、この製品の販売先を素早く調べることができます。同時にRFIDタグのコードは世界唯一のコードです。企業の偽造防止と侵入防止の問題を効果的に解決できます。

clothing rfid tag

RFID技術によって実現された製品タグは、無線通信技術と組み合わせることで、単一製品に対する識別と追跡を実現し、従来の企業情報管理システムの機能を改善することができる。単一部品の効果的な管理を実現し、ブランドと製品価値を向上させ、科学技術の偽造防止の目的を強化する。

1.快速識別:RFIDサプライチェーン技術によって服装の迅速な識別を実現し、物流輸送のスループット率を向上させ、サプライチェーンの過程における運送効率を加速させる。

RFID tag

2.倉庫管理:高速で効率的な倉庫管理モードはRFID自動識別技術を必要とし、十分な応用を満足させる。

3.情報共有:唯一無二の、互いに矛盾しない服装識別コードを通じて、標準化されたデータ検索プログラムを構築し、服装情報に関連する識別コードをすべての情報システムに流通させ、現行の情報システムをこのようなモードで互いに情報を交換し、互恵の目的を達成させる。

4.品質の遡及:同じ生産基準の制定のもとに存在する服装品質の差異性、問題が発生した服装は源に遡り、問題点の所在を確定し、同じ問題が再発しないようにする。

5.製品アーカイブ:RFIDリーダーを利用して自動的にデータを収集し、服装製造プロセス、生産プロセス、品質検査データなどの詳細な情報を含む完全な製品ファイルを作成することができます。

6.偽造しにくい:RFID電子タグには微小な大規模集積回路チップが埋め込まれており、工場出荷時にはユニークなコードが刻まれています。また、ラベルパッキング設備の投資は¥1000万元を超えていますので、RFIDタグを偽造する価格はとても大きいです。

7.パッケージ形式は豊富で多様です。RFIDタグは様々な形にパッケージされ、商品にロードされるのに有利です。そして、壊れやすい形に作られます。

RFID tag chip

8.快速検査:RFIDタグは無線、ロット、快速スキャンをサポートしています。商品の包装を開けなくてもすぐ商品情報を確認できます。偽造防止の検査が簡単で早いです。

9.ソーストレースに対応しています。RFIDチップには大量のデータが持ち込めますので、全流通過程で発生したデータ情報を記録し、トレース機能を実現します。

10.データセキュリティ:専用のRFIDデータ転送プロトコルと暗号化方式により、RFIDタグ内に格納されているデータは認証されたデバイスだけで読み取られることが保証されます。

rfid製品についてもっと知りたいなら、いつでも連絡してください。

メールボックス:contact@asiarfid.com

電話:+86-755-26979016

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply