RFID技術は、アーカイブ管理アプリケーションにおいてさらに一歩進んでいる

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

RFID技術はモノのインターネット応用の肝心な技術として、今はすでに工業自動化、商業自動化、交通運輸管理などの各業界、各分野に応用されていますが、ファイル管理の分野ではそんなに普遍的ではないように見えます。今年の初めに、国家アーカイブ局は浙江省麗水市アーカイブ局のRFID技術に基づくアーカイブ知能化倉庫管理システムの方案を通過しました。この方式の通過は、RFID技術のアーカイブ管理における応用が徐々に認められることを示しており、近い将来、RFIDアンテナ技術は、アーカイブ管理システムにおいて徐々に普及していくだろう。

rfid management system

RFID技術、すなわち無線周波数識別技術は、非接触の自動識別技術であり、無線周波数信号によってターゲットオブジェクトを自動的に識別し、関連データを取得することができる。バーコードに比べて、RFID技術は防水、磁気防御、耐熱などの特徴があり、ファイルの棚卸、検索効率を高め、ファイルの安全を守るなど方面に著しい優位があります。RFID技術のアーカイブインテリジェント化倉庫管理システムによって婚姻、公証、文書などのファイルをインテリジェント化管理し、ファイルの実体安全、効率的な管理と利用を実現することができます。

rfid management system

しかし、RFID技術に基づくアーカイブ管理システムは環境要因に非常に敏感であるため、いくつかの細部はRFID電子タグの読み取り効率に影響を与える可能性がある。ファイル倉庫において、密集棚の鉄板はRFID信号を妨害する主な要素であり、ラベルを直接鉄質のファイルエンティティに貼れば、読み取り率に著しく影響します。したがって、リーダーパラメータとRFID電子タグチップをより整合させて、この方面問題を効果的に解決することができます。読み取り効果を最適化するために、ラベルの位置、距離についても細かく調整できます。マルチリーダーライター、マルチタグ環境における信号衝突干渉問題を考慮して、異なる型番、異なるパラメータの設備に対して比較試験を行います。

archives management

RFIDアンテナ技術は各分野の柔軟性も国内のRFID技術を応用してアーカイブ管理モードに入るために良い基礎を作りました。RFIDアンテナ技術もアーカイブ管理システムの中でRFIDのもう一つの春を迎えます。

rfid tag, RFID techbology

もっと多くの情報やRFID産品を知りたいなら、いつでも連絡してください。最高のサービスと産品を提供します。

メールボックス:contact@asiarfid.com

電話:+86-7055-26979016

Last update: Mar 29, 2019

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply