IOT、小売業界で大きな一歩を踏み出す

in RFID ジャーナル on . 0 Comments

常に最悪の技術流行語の1つかもしれませんが、IoTやInternet of Thingsは、特に、小売業を組み合わせたすべてのビジネスセクターを変革しています。ですから、小売業界の賢明な未来がIoTの道にあると言わなければなりません。


ここでは、IoT小売店のモバイルアプリが中心的な役割を果たしているIoT、つまりInternet of Thingsが小売の未来をよりスマートで簡単にする方法について、このブログで取り上げようとしています。


IoTは真剣で非常に深刻なことですが、誇大宣伝とその数字を忘れて、これらの技術の分析や事柄はあなたの想像以上にあなたの小売ビジネスをより簡単でスマートにしようとしています。


IoTまたはInternet of Thingsは、M2Mを記述するために利用されるすべての用語、すなわちあらゆるタイプのセンサおよびハードウェアプログラムがその状態および場所で相互に作用するMachine-to-Machine接続を捕らえます。


確かにこれについて過度に賢明なことは何もありませんが、機械の学習と人工知能がこのデータを組み合わせて、何か良いもの、意味のあるもの、ユーザーにとって効率的なもの、またはビジネスに変えていきます。


IoTはあなたが考えるよりもずっと深い


あなたのためにあなたの冷蔵庫を思い出させるものの過度に活用された例はあなたのためであり、あなたは牛乳から出ているだけでなく、あなたの代わりに注文していますが、それよりずっと深い。


ビジネスは、インターネットからのリアルタイムデータを容易に活用して、製品やサービスが外出しようとしているときや、消費者がその日を購入したときに認識することができます。


また、ほとんどのスタッフがうまくやっていないか、ほとんどの時間が不在になったり、オフィス機器のメンテナンスや交換が必要になったりすることがありました。この問題を前にして、すぐに人々がすぐに接続されたものを動かすと主張する時間がほとんどです。


小売業における大きな取り組み


あなたは自分自身に疑問を抱くことができます - なぜIoTは小売業界で大きな問題になるのですか?ここでは、ビジネスや関連するもののインターネットで、我々はすでに、この最新の傾向を活用して組織を参照してください。


私たちは、スマート・シェルフと同時にロボット販売を展開している小売業者についても報告しました。私たちは、商品を監視するためにセンサーとタグを利用し、店舗のパフォーマンスを見ます。


確かに、多くの異なる製造業やその他の実用的な組織、小売業者は間違いなくこの傾向の激しい競争と切断期にある。


小売業におけるIoTの影響


この主題について多くの研究が行われており、その発見は、Thingのインターネットを採用することによって、小売業者のほとんどが経験に基づく小売業者に変わり、それになるということである。したがって、IoTアプリケーション開発サービスを採用して、インターネットを介してより良い小売ソリューションを提供します。彼らは顧客のためのオンライン体験と店内体験を融合し、店舗をエンターテインメントの単一の場所に変えました。


VR、AR、およびデータ分析ツールのおかげで。 IoTは既に小売業界に大きな影響を与えていることはもちろん、店舗内のショッピング体験を強化することから、誰にとっても知られています。


スマートシティ、リモートコントロールカー、そして接続された家庭の余裕を増すためには、年齢に応じて人が必要です。ビジネスは、インターネットからのリアルタイムデータを容易に活用して、製品やサービスが外出しようとしているときや、消費者がその日を購入したときに認識することができます。


当時、人々はデジタル技術の影響を見て、マーケティングは自分たちの生活の中でコンセプトを生み出してきました。Android Appの開発とその日常的な意思決定は、ショッピングはできるだけシンプルで上質です最近変わってきている。


プレインターネット時代には、ほぼすべての顧客が、おそらくその方法に似た服のアイテムを購入したことを経験しました。

Last update: Aug 08, 2018

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply