21世紀の自動車顧客サービスの未来を探る

on . 0 Comments

自動車販売店で車を運転し、すぐにその自動車の情報、歴史、顧客の好み、およびディーラーが望むほとんどのものをサービスマネージャの画面に表示します。現実と思うにはあまりに良すぎる?さて、これは今日、世界中の都市で起こっています。


このような機能を使用するためには、問題の自動車がその識別手段としてRFID風防ガラスタグを利用するRFIDシステムが必要である。自動車ディーラー、サービスステーション、カーウォッシュなど多くの車両中心の企業がRFIDを使用して待機時間とサービス時間を短縮し、全体的な顧客体験を向上させることができます。以下は、タグが車両上で読み取られるときに表示される情報のいくつかの例です:


車のメーカー、モデル、年。

最後のサービスでの車の走行距離。

購入情報。

所有者の名前、請求情報、車両の口座に記載されている自動サービスなど、自動車に関する関連するアカウント情報。

割り当てられたアカウント担当者および/またはサービス技術者。

最後に報告されたサービスの日付。

最後に報告されたサービスで車が経験していた問題。


到着時に車両のUHFタグを読み取るように配置されたRFIDアンテナ(一般に、上に描かれているように)は、高い利得および読み取り範囲を有し、異なる高さおよび速度でタグを読み取ることができる。 RFIDシステムは、どの情報が企業にとって有益であるか、また会社が情報を収集したいときに、多くの場所に配置することができます。顧客サービスが企業にとって重要である場合は、ロットの入り口にシステムを設置し、入場時に車両のタグを読み取るように設定することができます。そのようなシステムでは、車両所有者は名前で挨拶され、車両の情報は既に位置しており、顧客の時間を節約することができる。


RFID風防タグまたはバックミラーは、ガラスを介して読み取られるように調整され、車両で使用するための便利なフォームファクタになるため、車両顧客サービスベースのアプリケーションにとって最適なオプションです。オイル交換後の車内のフロントガラスに貼られたラベルと同様に、フロントガラスの内側にRFIDタグが貼り付けられています。これらのタグは車両からほとんど除去されないため、毎日の運転を妨げないタグを選択することが重要です。フロントガラスタグは小さく、バックミラーのハンドタグは簡単に取り外すことができます。

Last update: Jan 25, 2018

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply