インドのGDPの60%はAIやその他のデジタルサービスから2021年までに

in RFID ジャーナル, RFID ニュース on . 0 Comments

「インドは明らかにデジタル変換の急速な進展を遂げています」と、インドの社長Anant Maheshwari氏は述べています


2021年までに、国内総生産(GDP)の約60%はデジタル製品とサービスから得られると見込まれています。人工知能(AI)、物事のインターネット、クラウドコンピューティングなどの技術を使用して作成されます。


だから、情報技術の大手マイクロソフトが委託した研究を述べている。それはデジタル変換が2021年までにGDPに約1,540億ドルを追加すると言います。「インドは明らかにデジタル変換の急速な進路にあります」とMicrosoft Indiaの社長Anant Maheshwariは言います。


組織は、AIなどの新興技術の導入をますます進めており、教育、保健医療、農業などの分野でこれを応用することで、この変化に牽引された成長をさらに加速させると同氏は述べています。 「(そのような)テクノロジはいくつかの根本的な問題を本当に解決することができ、適切な方法で適用すれば、多くの可能性を秘めていけるはずです」とMaheshwariはBusiness Standardに語った。


このキャッチは、そのような技術の自由で公正な使用を可能にする、支持的な枠組みの必要性である、と彼は言う。


具体的には、マイクロソフト社は、アンドラ・プラデシュ州の学校にAIを適用しており、政府はクラス10で出席している学生の数が多いという問題に取り組んでいきたいと述べた。「AIの10%学生がなぜドロップアウトしたいのかを予測し特定するためには、学生やその家族と交流して学校に戻っていくことができます...あなたは経済のために多くのことをすることができます。


同様にヘルスケア。 「技術は、予防的な保健医療や診断を増やすなどの機能を貧困層に提供する役割を果たすことができ、予測技術を使用するだけで、生産性を20-30%向上させる農業がある」と語った。


中央政府は新技術のための技術的枠組みやプラットフォームを提案するためにAIに関する委員会を組織している。 IITのKharagpur教授であるP P Chakrabortyが議長を務め、Google、Microsoft、NVIDIA、TCSの代表者を擁しています。また、国立情報学センターとエレクトロニクスとITの省庁の横にある情報技術(IT)セクターの頂点協会であるナスコムから。その勧告は今月末までに予定されています。

Last update: Apr 16, 2018

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply