2018(第10回)国際万博のインターネット(サマーショー)

in RFID ニュース on . 0 Comments

7月31日から8月2日に、3日間2018(10)観光情報博覧会(夏展示会)の国際インターネットは深センコンベンション&エキシビションセンターで開催されました。開発の10年後、物事の深センインターネット博覧会(IOTE)を開発しました中国で最も影響力のあるIoT展に参加。


我々はすべて知っているように、モノのインターネットは、主に検出層、透過コンピューティング層とアプリケーション層で構成されている。したがって、この展覧会は、ハイエンド、完全なカバレッジと付加価値を継続し続けている、して、コメントを追加しました具体的には、International Internet of Things Expoは、RFID、センサー、短距離無線通信、モバイル決済、ミドルウェアの正確な制御など、Internet of Thingsの全産業チェーン全体をカバーする展覧会です、低消費電力WAN、大規模なデータ処理、クラウドコンピューティング、クラウドプラットフォーム、リアルタイムの測位など、一般的なインターネット技術があります。


7月31日は展示会の初日だった。会場では9時で、会場に入るためにラインで待っている人が多数ありました。その中でも、ホール1ホール2のトラフィック量よりも大幅に高くなっていますその他、IoT展示の適用範囲には、産業、セキュリティ、地方自治体、自動車、航空業界の事柄のインターネットも含まれています輸送、環境保護、医療、電力、物流、農業、水利保全、本、鉱業、その他の産業と分野に適用されます。


他の分野と比較して、新しい小売業が出展線や携帯端末の数百人で、2018年のIoT万博の最もホットなエリアとなっています。現時点では、我々は簡単に私たちの生活の中で、伝統的な小売業や新しい小売の組み合わせを見ることができました同時に、加盟店はデータ収集と情報を使用して、調査と支払いによって大規模なデータ・マーケティングを行い、間接的に加盟店や消費者向けの優遇サービス。


また、測位技術とクラウドコンピューティングの分野にも問い合わせや停止に来て多くの来場者を集め、この博覧会のハイライトとなっている。ハイテク開発のための集まる場所として、深センもその、高度な革新的かつ包括的なを強調しますどのような新技術が出現しても、継続的な改善の準備から利益を得ます。


不完全な統計によると、物事博覧会の第一千十八国際インターネット(夏ショー)は、10万人の以上の観客が調達品に参加するために誘致すると同時に、協力やセミナーを議論し、プロの観客の全体的なレベルは、業界をリードするままになります。で、同時に、米国、フランス、ドイツ、英国、チェコ、トルコ、ロシア、インド、日本、韓国、シンガポールを含む40以上の国と地域からの3000人以上の海外バイヤー調達の。10億元以上。


その影響を通じて、展覧会は国内外で広く注目をあげました。そして、産業用アプリケーション、端末の顧客の大多数を招待し、ソフトウェアの開発・インテグレータや情報サービス提供している。これは完全には供給と需要側の間の密接なコミュニケーションを保証するだけでなく、しかし、さらなる協力と協力のための良い機会を提供する。同時に、モノのインターネットの包括的なソリューションの成功したアプリケーションは、公共工事のための人材や物的資源の多くを節約するだけでなく、効率的にするための基盤を築くだけでなく、社会全体の発展のためのインテリジェントな成長。


物事時代のインターネットの到着は、政府や企業に多くの期待を与えているが、多くの企業にとって、市場開発の機会を把握する最良のエントリポイントを見つけ、常に自社の製品やサービスを革新することをお勧めします。ビッグに組み込みますモノのインターネットの業界、それは物事市場のインターネットへの扉を開くために、独自の黄金の鍵を持つことも可能である。したがって、大企業と中小企業の両方がリードする新しいスターになる機会を持っています物事産業のインターネットの発展動向。


ほとんどのIoT関連の企業と同様、Asiarfidは常により多くの開発と技術革新の機会を追求し、常に社会のために、より専門的なIoTソリューションと高品質のRFID製品を提供することを目指しています。

Last update: Aug 01, 2018

Comments

Leave a Comment

Leave a Reply